ドイツの「ホームレス女子大生」に世界が注目!ちゃんと彼氏もいるらしい

ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。

livetraingirl150825-08

「ある日、大家さんとケンカになっちゃって。もうこんな部屋なんか出てやる!ってね。そうしたら何だかもう、どこにも住みたくなくなってしまったんです」

それまで住んでいた(正確には2015年春まで)部屋を飛び出し、現在、彼女が寝床にしているのは時速190kmで走行する電車の中。電車生活を始めた“ホームレス大学生”の、あまりにも衝動的すぎる事の発端を「The Washington Post」も取り上げている。
しかし、当の本人に悲壮感はゼロ。むしろ、この生活を大いに楽しんでいる。日々の車内生活の様子は、ブログFacebookで公開され、いま、世界中が旅するような彼女の暮らしぶりに注目している。

スクリーンショット 2015-08-25 13.46.05

2015年春、Müllerさんはそれまで住んでいたアパートを売り払い、電車中泊を開始した。ドイツ国内を自由に行き来できる鉄道の定期券「BahnCard 100」を購入し、気ままにドイツを縦断する生活が始まった。必要最小限の手荷物はバックパックに入る分だけ。わずかな衣類と、サニタリー用品、ノートパソコンに、大学の書籍が数冊のみ。スクリーンショット 2015-08-25 13.44.35
彼女が別の部屋を探さずに新居に電車を選んだ理由。それは、毎月の家賃にもあったという。それまで1ヶ月に約450ドル支払っていた家賃に比べ、定額のBahnCard 100は約380ドルで済む。光熱費を考えても、確かにこちらの方がコスト面では安くなるが…。寝心地の良さはいかがなものだろう?それでも、停車駅でデリバリービザを注文したり、車内のシャワーを使ったり。暮らしぶりは案外、悪くなさそうだ。

スクリーンショット 2015-08-25 13.47.12

ところで、彼女この電車生活のなかで、なんとボーイフレンドをつくってしまったんだそう。彼のいるシュトゥットガルトから実家のあるベルリンまで、およそ632キロの距離を移動することもあると言う。

「車窓からいろんなものを見て感じて、車内ではいろんな人に出会える。今じゃ本当に家みたいに快適に過ごしています。友達が住む町へも行けるし、毎日が夏休みみたいな感じです」

何かを得るための機会は、必ずしも一つじゃない。まだ見ぬ冒険が次の曲がり角に待っているかもしれない。「それを見つけようとするかどうか」だとMüllerさん。23歳、等身大のリアル体験を「News.com.au」は、新しい自分の見つけ方のひとつとして彼女を紹介している。

大学卒業を控えた2016年4月まで、彼女はホームレス電車生活を続ける予定だそう。いま、彼女は大学の修士論文を執筆中、もちろんガタゴト揺れる電車内で。

Reference:The Washington Post , News.com.au
Licensed material used with permission by Leonie Müller

ホームレスに食を恵んで欲しいと頼まれた女子大生。結局一緒に食事をすることになったが、話を聞いてみると男性は昔ビジネスまでしていて今は自己破産したとのこと。...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
「Social Bite Village」と名付けられたこの村は、ホームレスの人たちが経験しているネガティブサイクルを断ち切るのを目的にしている。
スニーカーを株のように取引できるウェブサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...