人類史上初「バイク」でサーフィン!ビッグウェーブに挑む大迫力映像

人類史上初、モトクロスバイクによる波乗り。とにかく、息を飲む大迫力のパノラマ映像。3分後、アナタも歴史の目撃者のひとりだ。

命知らずのモトクロスライダー、ロビー・マディソン。これまでにも、スキーのジャンプ台から大ジャンプを決めてみせたり、川幅84mの運河を飛び越えるなど、驚異的なスタントで、彼にしかできない超人技を披露してきた。その彼が、今回新たなチャレンジの場として選んだのが…海だ!

スクリーンショット 2015-08-08 7.40.02

DC_RM_TEAH_MILAN_65R4493_2 copy

スポンサーである、ストリートブランド「DC Shoes」の プロモーション用に製作された『PIPE DREAM(夢物語)』シリーズ。現実不可能と思われることに、果敢にチャレンジするこの企画に、数々のスタントを成功させてきたマディソンは、世界で最も危険なサーフポイント、タヒチのチョープーだった。

スクリーンショット 2015-08-08 8.04.53

スクリーンショット 2015-08-08 8.05.35

スクリーンショット 2015-08-08 8.06.04

スクリーンショット 2015-08-08 8.05.45

背後から迫る10m級のビッグウェーブ。

スクリーンショット 2015-08-08 8.07.48

砕けた波しぶきにワイプアウトするマディソン。果たして…

DC_RM_PAPARA_STEPHENS_65R4983 copy

まさに、実現不可能な夢物語。この前人未到のチャレンジすらも、飄々と成し遂げたマディソンが「DC Shoes」のプレスを通じてコメントしている。

「これが世界で最初だとか、このチャレンジが正しかったとか、そんなことよりも、あなたが何を信じるかなんだ。だって、信じていることは何だってできるんだから」

Licensed material used with permission by DCShoes

「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
8月11日にオープンした複合スポーツエンターテイメント施設「スポル品川大井町」。新宿や渋谷からでも電車で30分とかからないくらいの場所にあります。
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
百聞は一見にしかず。彼の演奏を動画で見てみて。人間離れした演奏にびっくりするはず。来日公演も近づいているので、今のうちにおさらいしておいて損はなし。
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとしたバイク。頻繁に収穫できるとい...
くりくりお目々がチャームポイントの男の子、Tima Kuleshovくん。彼の得意技は、かけっこでもテレビゲームでもありません。こんなに可愛らしい顔をして...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。