飛行機で隣の席に「アヒル」が!?その意外な搭乗理由とは…

「昨日飛行機に乗ったら、同じ便にアヒルが座っていたんだ」なんてツイートをしても誰にも信じてもらえなさそうですが、じつはこれ、ウソのような本当の話。

マーク・エッシグさんは、ノースカロライナ州のシャーロットからアッシュビルに向かう便で、アヒルと隣の席になったのです。彼はその状況をライブツイートしました。

れっきとした「介護動物」

アヒルの名前はダニエル。真っ赤な靴下がキマってます。

ダニエルの役目は「感情支援動物」として飼い主の心を癒すこと。航空会社によっては、ダニエルのような動物を「介護動物」として、飛行機への同乗を認めているのです。

空の旅を楽しむダニエル

窓からの景色がお気に召した様子のダニエル。窓の外を見つめています。こんなに可愛かったら、たしかに飼い主じゃなくても癒されちゃいます。

優しい鳴き声に
みんなメロメロ

ライブツイートをしていた隣の席のマークさんも、ダニエルの魅力にメロメロ。優しい鳴き声のおかげで、出発の寂しさが和らいだんだとか。ちなみにマークさんは、豚などの動物研究家(兼作家)です。

飼い主以外の人の心も癒してくれた、優しい瞳のダニエル。このツイートをきっかけに、ファンができ始めているそうですよ。

Licensed material used with permission by Mark Essig
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
梅田→世田谷、22歳、モデル、サバゲー、バージンヘア、しんちゃん(春日部)、えびフィレオ、一重まぶたの男性、焼肉苑、スネイプ先生、洋食もお箸派、一色海岸、...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
「オレオ」はヴィーガン!? アメリカのヴィーガンがこぞって美味しいという「Accidentally Vegan(アクシデンタリーヴィーガン)」を紹介。
デジタルアーティストであるCristian Girottoさんのこの作品は、もし動物たちが自撮りをしたら?ということがテーマ。それぞれが自身の特徴をこれで...
8月7日、ドイツの社会民主党と緑の党の議員たちが、肉製品の軽減税率(7%)を廃止し、付加価値税率(19%)を適用することを提案した。
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
置き物としての見た目だけでも癒され度MAX!ふわふわのアヒルをタオルで作ってみませんか?2羽向かい合わせて置いても可愛いんです。ちなみに、ハンドタオルを使...
イギリスの大手スーパーマーケット「ASDA」が、国内の全店舗から精肉・鮮魚コーナーをなくすと発表。13店舗ですでに実施されており、2020年末までに150...
イギリスで出版された絵本『グレタとよくばりきょじん たったひとりで立ちあがった女の子』が2月に日本でも発売。スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさ...
イタリアで2014年に設立されてから、環境に負担のかからないスニーカーを展開してきた「WOMSH」。そんなブランドフィロソフィーを一番体現しているのが、ヴ...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
意外にもチーターはシャイな動物。ライオンやハイエナと一緒に運動させようとしても、馴染めないことが多いのだそう。そこで、米オハイオ州の「コロンバス動物園&水...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...