飛行機で隣の席に「アヒル」が!?その意外な搭乗理由とは…

「昨日飛行機に乗ったら、同じ便にアヒルが座っていたんだ」なんてツイートをしても誰にも信じてもらえなさそうですが、じつはこれ、ウソのような本当の話。

マーク・エッシグさんは、ノースカロライナ州のシャーロットからアッシュビルに向かう便で、アヒルと隣の席になったのです。彼はその状況をライブツイートしました。

れっきとした「介護動物」

アヒルの名前はダニエル。真っ赤な靴下がキマってます。

ダニエルの役目は「感情支援動物」として飼い主の心を癒すこと。航空会社によっては、ダニエルのような動物を「介護動物」として、飛行機への同乗を認めているのです。

空の旅を楽しむダニエル

窓からの景色がお気に召した様子のダニエル。窓の外を見つめています。こんなに可愛かったら、たしかに飼い主じゃなくても癒されちゃいます。

優しい鳴き声に
みんなメロメロ

ライブツイートをしていた隣の席のマークさんも、ダニエルの魅力にメロメロ。優しい鳴き声のおかげで、出発の寂しさが和らいだんだとか。ちなみにマークさんは、豚などの動物研究家(兼作家)です。

飼い主以外の人の心も癒してくれた、優しい瞳のダニエル。このツイートをきっかけに、ファンができ始めているそうですよ。

Licensed material used with permission by Mark Essig
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。