「ダイビング」がより手軽に!水中で呼吸可能なデバイスが開発中

きれいな海に行った際には、誰しも海に潜って美しい海中を散策してみたいもの。それでも「シュノーケル」は難しいし、「スキューバダイビング」はハードルが高いと思っている人、意外に多いのではないだろうか。

そんな状況で、オーストリアのスタートアップ企業「exolung」現在開発中のデバイスは、もっとも"最適な解"と言うことができるだろう。

シンプルなヴィジュアルのこれを装着すれば、水深5mまでならば“無限”に潜水することが可能だという。

© paulvanlaar_/Instagram

上記画像をよく見ると、チューブが体に装着したタンクへと繋がっている。これで水面に設置された“フロート”から空気が送られているのだ。足に着用したワイヤーを利用し、屈伸運動をすることで空気が循環する仕組み。

ありそうでなかったこのデバイス。特別な訓練ライセンス不要なので、誰でも手軽に水中散策ができるという。また、海での使用だけでなくプールでのヨガトレーニングにも利用可能だとか。

気になる販売予定価格は€300(約3万6500円 ※2020/1/22現在)から。もちろん繰り返し使用できるので、そう考えればとても"お買い得"といえるのではないだろうか。

現在は試作品の最終確認段階で、実際に水中で使用された動画が以下よりチェックできる。優雅に海中を遊泳する姿をみたら、このデバイスに期待せずにはいられない!

© EXOlung/YouTube
Top image: © iStock.com/petrelos
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
もうすぐ、海水浴が楽しい季節がやってきます。ダイビングをしてみたいけれど、タンクは重そうだし準備も大変、ライセンスもいるんでしょ…と思っているみなさん。手...
今回は3月27日に青山にオープンしたばかりの「cha aoyama」。韓国では大人気の「タルゴナ」が乗ったドリンクを楽しめるカフェが日本初上陸!映えな店内...
デンマークの研究チームが、水中・空中の酸素を吸収し圧縮・保持できるクリスタルを開発しているようだ。これが実現すれば、ダイバーは酸素タンクを背負わなくてすむ...
言語能力を持たない生き物に寄り添い理解を深めることで、世界のあり方を生き物と共に決めていく未来を目指したい──そんな思いから「株式会社ラングレス」は心拍情...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
「オーディーエス」は、スマートフォンで再生した好きな音楽に、入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加えるRBS技術を搭載した、快適な睡眠をサポートしてくれるデバ...
新型コロナウイルスの影響により窮地に立たされている地元飲食店を支援するため、渋谷区恵比寿の情報を地域密着型で配信するWEBマガジン「恵比寿新聞」が、テイク...
イスラエルのスタートアップが開発をすすめる「Allerguard」は、料理にかざすだけでアレルギー源を検知する画期的なデバイス。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
今年1月に英王室からの離脱を発表して、3月31日をもって正式に地位を退いたヘンリー王子とメーガン妃。メーガン妃は王室離脱後初となる仕事として、ドキュメンタ...
スウェーデンの法律事務所「Vinge」が求人のための動画を公開。シャレてる!
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
スタンドアップパドル、カヤック、カイトサーフィン…。ウォーターレクリエーションの幅は拡がり、それらを楽しむ人口も増えている。対して水の怖さは、分かっていて...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
石垣島で自然と水をテーマに、水中でも着られるマリンドレスを使ったフォトウエディングがスタート。美しいロケーションを舞台に、海の中や絶景のポイントで想い出に...
日々の時間を“見える化”することで自己管理に役立てる、ボタン型のIoTデバイス「kotobo」。