水中で呼吸できる「人間用のエラ」が開発された

デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ「Amphibio」。

このアイテムは、水中に溶け込んだ酸素を取り込んで、二酸化炭素を外に逃がせるようになっているそうです。だけど、酸素ボンベが不要になる!というのはまだ先の話のようで。

機能もおもしろいのですが、開発された理由もとっても興味深い。

地球温暖化により人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られている、とのこと。

人間が水中に暮らさなければいけない未来が本当に来てしまうのでしょうか?

6027294405558272
©Mikito Tateisi
Top image: © Mikito Tateisi
Reference: Jun Kamei
60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
デンマークの研究チームが、水中・空中の酸素を吸収し圧縮・保持できるクリスタルを開発しているようだ。これが実現すれば、ダイバーは酸素タンクを背負わなくてすむ...
NY生まれの「THINX」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
独断と偏見でピックアップしました。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
明日のためにと早くベッドに入っても、なかなか寝つけないという人いますよね?私もそのうちのひとり。そんな人のために、就寝前に試せる5つの呼吸法を紹介します。
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
セネガルサポーターSuloさんは、日本人サポーター3人と盛り上がっている動画を投稿しました。すでに360万回以上も再生されているわけですが、『ONE PI...
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...