水中で呼吸できる「人間用のエラ」が開発された

デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ「Amphibio」。

このアイテムは、水中に溶け込んだ酸素を取り込んで、二酸化炭素を外に逃がせるようになっているそうです。だけど、酸素ボンベが不要になる!というのはまだ先の話のようで。

機能もおもしろいのですが、開発された理由もとっても興味深い。

地球温暖化により人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られている、とのこと。

人間が水中に暮らさなければいけない未来が本当に来てしまうのでしょうか?

©Mikito Tateisi
Top image: © Mikito Tateisi
Reference: Jun Kamei
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
「呼吸 Co-que premium」は、自然な呼吸に徹底的にこだわったマスク。かつてない通気性と装着感を実現しており、94%の人が「呼吸がしやすくなった...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
デンマークの研究チームが、水中・空中の酸素を吸収し圧縮・保持できるクリスタルを開発しているようだ。これが実現すれば、ダイバーは酸素タンクを背負わなくてすむ...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
福島県の事業者マッチングを支援する「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」が「ふくしまのウェルネスフード」シリーズを企画した。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...