水中で呼吸できる「人間用のエラ」が開発された

デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ「Amphibio」。

このアイテムは、水中に溶け込んだ酸素を取り込んで、二酸化炭素を外に逃がせるようになっているそうです。だけど、酸素ボンベが不要になる!というのはまだ先の話のようで。

機能もおもしろいのですが、開発された理由もとっても興味深い。

地球温暖化により人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られている、とのこと。

人間が水中に暮らさなければいけない未来が本当に来てしまうのでしょうか?

©Mikito Tateisi
Top image: © Mikito Tateisi
Reference: Jun Kamei
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
デンマークの研究チームが、水中・空中の酸素を吸収し圧縮・保持できるクリスタルを開発しているようだ。これが実現すれば、ダイバーは酸素タンクを背負わなくてすむ...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
「避妊用ピアス」……っていったい何?ざっくり説明すると、ピアスのキャッチ部分に、低用量ピルなどの避妊薬にも含まれるホルモン製剤を含有するパッチが付いている...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
明日のためにと早くベッドに入っても、なかなか寝つけないという人いますよね?私もそのうちのひとり。そんな人のために、就寝前に試せる5つの呼吸法を紹介します。
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
NY生まれの「THINX」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
ホームレスの女性たちを助けるべく、製作されたポスター。生理用ナプキンが集まるように設計されています。
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...