「エアコン」が人間のために開発されたものじゃないって知ってた?

灼熱の屋外から冷房の効いた部屋に入る、まるで楽園にきたように感じるあの瞬間は、もはや夏の風物詩の一つといっても過言ではないだろう。

そんな最高な一瞬を演出してくれる「エアコン」だが、じつは“人間のため”に開発されたものではなかったらしい。

電気・情報工学分野の学術研究団体「IEEE」によると、エアコンの起源は、さかのぼること1902年。ニューヨーク州ブルックリンのカラー印刷工場では、暑さと湿気により印刷物が台無しになってしまうという問題が起きていた。

工場の運営者は、発明家のWillis Haviland Carrierに助けを求めたところ、温度27℃湿度55%に保つ機械の発明に成功。

それから改良を重ね、1905年「Apparatus for Treating Air」として特許を取得したあとは、繊維印刷映画食品産業を中心に広まっていったとか。

最初に家庭用のエアコンが登場したのは、1932年。その後「気温上昇」「経済成長」「人口増加」の3つの要素によって、爆発的にエアコンが世界中の家庭に普及していったという。

今では当たり前のように使っているものも、その歴史をみてみると意外な事実が見つかるものだ。

Top image: © iStock.com/LightFieldStudios
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

少し涼しくなってきたけど、なんだか体がだるい、まだ冷房に依存している、なんて人も多いはず。でも、エアコンの使いすぎは考えものです。アメリカの人気メディア「...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
原作・文 つちやみ イラスト マッチロ 毎週水曜日に更新中
「Cómodo gear(コモドギア)」は、首に装着し、頸動脈の血液を冷やして深部体温を下げてくれる画期的なウェアラブルエアコン。スタイリッシュな見た目も...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
「サンコー」より発売中の「ネッククーラーNeo」は、最大20時間も涼しさを持続してくれる首掛けタイプのウェアラブルクーラー。2秒で即座に冷えて暑さ対策にピ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...