ゆらめく炎が見える「ポータブル暖炉」

そろそろエアコンがないと寝苦しい時季になってきました。暑さだけでなく、寒さも年々厳しさを増し、もはや生活に必要不可欠なエアコン。

ところが、どうにも見た目に風情がない。って思いません?いわゆるシロモノ家電のアノどれを買ってもデザイン性は一緒感がイマイチな自分にとって、このポータブル暖炉は、かなり惹かれるんですよねぇ。

さらっと書いちゃいましたがお気づきですか、「ポータブル」ですよ。ちょいと季節外れですけど、今冬にはこういうのが出てきてくれるといいなぁ。

© Younggyu Kwon
© Younggyu Kwon

もっとも、暖炉の火はあたたかいし雰囲気もあってステキ。でも、実際設置するとなれば場所をとるばかりか、薪を手に入れなきゃいけないし、と維持も大変です。

ならばいっそキモチだけでも、なんて感覚で誕生したのがこの「In Frame」なるスリムな暖炉(というかヒーター)。前述の通り、持ち運びだってへっちゃらのよう。

スイッチを入れると、中心の液晶部分にリアルな炎が映し出され、ゆらゆらと揺らめく炎があたたかさを増長してくれます(多分)。

焚き火をしているときをイメージしてください。あの揺らめく炎って、どういうわけかリラックスした気持ちにさせてくれますよね。そこがウリ。もちろん、火の始末の心配だって要らない。

壁掛け・床置き

どこでもOK

© Younggyu Kwon

完全フラットな形になるので、壁掛けも可能。つまり場所の制約なしに好きなところに取りつけられるのも◎。さらには、フレームを動かして床置きもOK。

ちょっとした洗濯物を乾かすにもこれで十分そうだし、何かと重宝しそうでしょ?

ま、ほんとに小さな炎でしょうけど、これだけでも雰囲気あるじゃないですか。暖炉の前にいるような……はさすがに厳しいかもしれないけど。

© Younggyu Kwon

あの、ナニ持って歩いてるんですか?

エアコンですけど、なにか?

みたいな。

Top photo: © Younggyu Kwon
Reference: Younggyu Kwon

関連する記事

リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
「AUKEY」より、レトロデザインでインテリア性もバツグンなポータブル電源「PowerStudio」が登場。どこにおいても馴染むデザイン性と、普段使いから...
1989年、ルーヴル美術館中庭のナポレオン広場に設置された、建築家イオ・ミン・ペイによる「ルーヴル・ピラミッド」。当初、古典建築の前に近代的なモニュメント...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
タイ大手シーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を「天ぷら」にして発売することを発表した。数ヵ月以内には売り出すという。
イギリスから日本初上陸したポータブルコーヒーメーカー「Brewer Mug」。今月16日から応援購入サービス「Makuake」で先行予約販売をスタート。
7月12日までクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「GoSun Flow」は、太陽光発電システムを搭載したポータ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...