海水を真水にする「ポータブル浄水器」

7月16日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「QuenchSea」は、海水からきれいな真水を抽出できる携帯用浄水器だ。電源を必要としないため、どこでも使うことができる。

浄水するには、本体内部に折りたたまれているレバーを引き出し、それを動かすだけ。搭載されているフィルターは微生物病原菌などを取り除き、1時間あたり最大で約3Lの真水を生み出せるとのこと。

「QuenchSea」は約1万円(80ポンド)にて販売される予定。

以下の動画はプロトタイプでの実験だが、実際に浄水したものをテイスティングしている様子をチェックできる。

彼らは「人類が直面するだろう水不足の解決に向けて製品開発をおこなっている」とのことなので、そんなメッセージ性に共感した人は支援をしてみては?

詳しくはコチラから。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月12日までクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「GoSun Flow」は、太陽光発電システムを搭載したポータ...
「Mitte」はドイツのデザイナーによって開発された浄水器。これを“洗練”とか、“スタイリッシュ”なんて強調する気はないんです。それよりもこっちにグッとき...
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
屋外でキンキンに冷えた飲み物を楽しみたいなら、デンマーク発のアイテム「ICEBREAKER POP」が便利。どこでも簡単に氷を持ち運べる&取り出せる革新的...
ウォーターローションとシリコンローションのいいとこ取りをしたような、肌なじみがいいテクスチャーが特徴です。
約5,000円から支援可能です。
料理を生業とするプロの視点で、このキッチンツールはオススメだそうです。
海水を飲めるようにする技術やそんなスペックのあるボトルは開発されていましたが、ポイントはルックスです。
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
2019年度グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)を受賞した「+maffs」。従来の消火器の概念を打ち破る「暮らしに溶け込む」モ...
7月上旬、さまざまな視点から特定のモノやコトを評価するサイト「Reviews.org」にて、「Netflix」に関する情報が公開された。月額料金などが載っ...
おろし金はすでに銅製のものを持っているのですが、この陶磁器の「おろし器」だったらもう一個あってもいいかも!
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
買い物もできて、位置情報も確認して、SNSをチェックもすれば、サクサク動画も見れてしまう。一日中フル稼動するスマホの充電、そりゃどんどんなくなるワケだ。だ...
周りから一目置かれる「器の大きい人」。上司や部下からも頼りがいがあると信頼されるタイプです。そういう人にはどんな特徴があるのでしょう?また、どうすれば器の...
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
家の中でのウイルス対策にピッタリ!オシャレな抗菌・抗ウイルスシート「Free-sheet(フリーシート)」をご紹介。
渋谷の新たなランドマークとして話題の「MIYASHITA PARK」に、国内2店舗目となる「eggslut」がオープン。
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
ものすごく簡易的なモノに見えます。が、このボトルでろ過すれば、大抵の水が飲めるようになるそうです。詳しくは以下のとおり。<除去できるもの>・ウイルス(球菌...
旧約聖書にも登場した角笛のようなカタチ。これに意味があるんです。
デザイナーズアイテムを販売する「LEXON」から、充電しながら除菌もしてくれるスマートフォン充電器が登場。スマートフォンを内部に置くと、充電がおこなわれる...
これは、ヒトハダにいちばん近い食器。