ルーベンスの作品!?いいえ、水中写真です

フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。

なんだかバロック期に活躍した画家ピーテル・パウル・ルーベンスの作品に似ていません?

「受胎告知」や「聖母被昇天」、「パエトンの墜落」……。

正直、思いつく作品はこれくらい。そこまでルーベンスに関して深い知見があるわけではないので、熱心なルーベンスファンからしてみれば怒りを買う感想かもしれません。それでも、Christyさんの作品は、ルーベンスの新作を見ているような気分になりますね。

ちなみに、「一体、どんな絵なんだ?」と気になった方は、2018年10月16日から2019年の1月20日まで、ルーベンスの絵画展が開催されているので、そちらもチェック。

それにしても、未だにChristyさんの写真が水の中で撮影されたということに驚きを隠せません。

もっと見たい!という方は、ChristyさんのWEBサイトから。

Top image: © Christy Lee Rogers
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...