美しく危険な海の生物!「境界線」を撮影したら、神秘的な世界が待っていた・・・

海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2つにくっきり分かれた神秘的な写真の美しさには驚きです。

85singo_11091008_10153166797530767_2863213781767098338_o

85singo_11079040_10153152753330767_426091813471291110_o

85singo_302_1453-copy__880

85singo_303_0007-copy__880

85singo_303_0434-copy__880

85singo_304_2954-copy__880

85singo_A-Parallel-Universe-My-Half-Underwater-Images-Show-What-Hides-Beneath-The-Waves1__880

85singo_A-Parallel-Universe-My-Half-Underwater-Images-Show-What-Hides-Beneath-The-Waves2__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-1__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-2__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-3__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-4__880

85singo_301_0267-2-copy__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-5__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-6__880

85singo_A-Parallel-Universe-Windows-Beneath-the-Waves.-7__880

85singo_DSC2129-copy__880

85singo_DSC2545-copy__880

クラゲや珊瑚に、魚の泳ぐ姿。そこに加えて境界線があることで水上と水中の2つの世界を同時に見ることが出来ます。撮影した本人は作品についてこう説明しています。

「僕にとって、海に入る時に最も不思議な感覚を覚えるのは、顔を水につけて水面下の世界へと通り抜ける瞬間なんだ。何か得体のしれない世界へ入っていくような、エイリアンに出くわすんじゃないかとドキドキする。その感覚こそがこの写真に写っているものなんだ」

ちなみに撮影されているのは、カツオノエボシ(電気クラゲ)やクロコダイル、サメなど非常に危険な生物も多数。

彼は「National Geographic」やオーストラリアの写真雜誌「Capture Magazine」など様々な媒体に選出されており、野生動物の撮影では有名な人物。命がけで撮影された写真の数々は美しさだけでなく、どこか圧倒されるような迫力が感じられます。

Licensed material used with permission by Matty Smith

夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
ヨガのポージングをカメラを使わないで撮影したアーティストのRobとNick。彼らの作品は、一般的な写真からは感じ取れない神秘的なものを表現しています。ここ...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
フォトグラファーのJonathan Nimerfrohさんが撮影したシャーベット状の海。2018年に入ってすぐの1月2日、アメリカのマサチューセッツ州に位...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...