「1万円オーバー」の価値があるTシャツ&ポーチセット。

この時期、バッグのなかには着替えのTシャツとドライバッグが必須です。このセットには毎年頭を悩まさせられるのですが、今年は「DAY ONE POUCH SET」で決定。

見ての通り、シンプルにTシャツ1枚とポーチのセットです。

が、そこはウェアブランド〈MXP(エムエックスピー)〉とバッグブランド〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボレーション。高機能です。

まずTシャツは、MXPドライジャージのクルーネック。

〈MXP〉が誇るマキシフレッシュプラスと異形断面糸ポリエステルをMIXした素材を採用しており、吸水速乾、消臭機能を高い次元で実現しています。

それでいて、肌触りや見た目の風合いはドライなコットンそのもの。“いかにも”なスポーツテイストじゃないところがポイントで、どんなファッションにも合わせられます。

ポーチのほうも負けていません。

こちらはバッグの中でレイアウトしやすいA4サイズ。ドライバッグって立体的な形状がほとんどで、容量が必要なシーンではいいけど、Tシャツ1枚となるとかさばるんですよね〜。そういう意味で、ビジネスバッグにもサッと忍ばせられるサイジングはうれしい限り。

さらにポーチのインナーのパイピング部分にもTシャツと同様の消臭素材、マキシフレッシュフレッシュを配しています。脱いだ後のTシャツを入れても、ニオイが気にならない仕様ですね。

この贅沢なセット、価格は税別で1万3,000円と決して安くはありませんが、それだけの価値あります。

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
遊んでるクセに実用性が高い「LORINZAのポーチセット」の紹介です。
どうしても機能の話になりがちなブランドだけど、じつはちゃんとファッションとしての着やすさも担保されているところが魅力だと思う。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
「彼氏の服、借りてきちゃった」感のあるコーディネートが好きです。と言っても、ただオーバーサイズで着たいわけではなくて、トップスがそういうものだとしたらボト...
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったTシャツ生地を使用し、抗ウイルス加工を施した「着るマスクTシャツ」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE...
〈トラサルディ〉のポーチは、無骨で男性っぽい見た目。ですが、意外と女性が持ってもハマります。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「CABLE POUCH -MINI-」。わずか23グラムのケーブルポーチです。
「unusual usual things(よくあるモノを世にも珍しいモノへ)」をコンセプトに掲げるデザインスタジオ「March」の書き込めるTシャツ「C...
「Zaha Hadid Architects」がデザインコンペを勝ち取った中国・深センに建築される高層ビル「Tower C」がカッコいい。
コーヒーの代わりとして、今、アメリカで注目を集めているものがある。それはなんと、あの日本伝統の飲み物“抹茶”なのだとか。
現在、「ディーゼル」はフロリダ州マイアミにマンションを建設している。12月3日、彼らはその設立記念として「史上最高額のTシャツ」を売り出すと発表した。
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
一旦、バスグッズなどを入れて使っているけれど、バッテリーやケーブル類を整理するにも良さそう。バッグの中で収まりもいい
北欧を中心に展開するセレクトショップ「Carlings」が話題だ。中央に書かれたロゴがInstagramのARフィルターで認識するためのトリガーとなってお...
ポリエステル100%でドライな質感はこれからの季節にぴったり。コットンのしっとりとした心地よさとはまた違った快適性だ。