「1万円オーバー」の価値があるTシャツ&ポーチセット。

この時期、バッグのなかには着替えのTシャツとドライバッグが必須です。このセットには毎年頭を悩まさせられるのですが、今年は「DAY ONE POUCH SET」で決定。

見ての通り、シンプルにTシャツ1枚とポーチのセットです。

が、そこはウェアブランド〈MXP(エムエックスピー)〉とバッグブランド〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボレーション。高機能です。

まずTシャツは、MXPドライジャージのクルーネック。

〈MXP〉が誇るマキシフレッシュプラスと異形断面糸ポリエステルをMIXした素材を採用しており、吸水速乾、消臭機能を高い次元で実現しています。

それでいて、肌触りや見た目の風合いはドライなコットンそのもの。“いかにも”なスポーツテイストじゃないところがポイントで、どんなファッションにも合わせられます。

ポーチのほうも負けていません。

こちらはバッグの中でレイアウトしやすいA4サイズ。ドライバッグって立体的な形状がほとんどで、容量が必要なシーンではいいけど、Tシャツ1枚となるとかさばるんですよね〜。そういう意味で、ビジネスバッグにもサッと忍ばせられるサイジングはうれしい限り。

さらにポーチのインナーのパイピング部分にもTシャツと同様の消臭素材、マキシフレッシュフレッシュを配しています。脱いだ後のTシャツを入れても、ニオイが気にならない仕様ですね。

この贅沢なセット、価格は税別で1万3,000円と決して安くはありませんが、それだけの価値あります。

3cc572cccb366f800ad8243d2823ecd4d915dd6b6746118f1fbe78af4f2efee37cdaff9629f9dcb67d93e92735034582ee4981bcf076d680101efcddB347982495f47cc1ac52a85611314772fb243b94

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
〈Zpacks〉のポーチはアウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトなアイテムです。手に取った感覚がまるで紙風船のよう。
台湾の桃園国際空港でLCC利用者が使うのは第1ターミナル。乗り継ぎ利用だって格安。安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのが台湾を利用...
調味料をちょい足ししたり、ほんの少しのひと手間で、驚くほどおいしく味わえるこんな方法を知っておくと、何かと役に立つはずです。
古着のフットボールTシャツからインスパイアされた「ハイナベイTシャツ」。最先端の冷却機能を持つオムニフリーズゼロと吸水速乾機能のオムニウィックと二つの機能...
〈トラサルディ〉のポーチは、無骨で男性っぽい見た目。ですが、意外と女性が持ってもハマります。
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
一旦、バスグッズなどを入れて使っているけれど、バッテリーやケーブル類を整理するにも良さそう。バッグの中で収まりもいい
イタリアのデンタルケアブランド〈Marvis(マービス)〉のトラベルセット。スタイリッシュな見た目は、旅はもちろん、オフィス用にも重宝します。
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...
蚊が嫌う、有効成分を繊維の奥に定着させた「Anti-mosquito Tee」。カジュアルなコットンの素材感にも注目。適度なカッパリングが入ったラウンドネ...
まさかアンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキアとキース・ヘリングのTシャツが、全部あわせて5,000円以内で買えるとは! 
『10YC』は、「10年着続けられる服」をコンセプトに持ったブランド。商品価値はもちろんのこと、生産者の想いや技術を伝え、「長く着られること」の素晴らしさ...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
ピザが好きで好きでたまらない!もう一時も離れたくない…。そんな食いしん坊のためだけにできたと言っても過言ではないポーチが、米で話題になっています。それがコ...
『VOIRY STORE』の「NEON CLUTCH POUCH」。キャンバス地のポーチって無数に選択肢があると思うんですが、蛍光色っていうのが一番のポイ...
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
どうしても機能の話になりがちなブランドだけど、じつはちゃんとファッションとしての着やすさも担保されているところが魅力だと思う。
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
ファッションブランドのTシャツよりも、断然こっちがいい!