ジャーナリストが、わざわざ個人輸入する「ウルトラライトなポーチ」。

一つひとつのアイテムの重量をはかるようなことはしませんが、やはり日常でも山でも“軽量である”というのは、ひとつのメリットだと思います。そういう意味で、アウトドアシーンにおける近年の潮流であるウルトラライトには注目しています。

例えば、コード類などデジタルガジェットをまとめて収納するバッグインバッグとして愛用中の〈Zpacks〉のポーチは、そんなウルトラライトなアイテムです。

手に取った感覚は、まるで紙風船のよう。単品ではほとんど重さを感じません。それでいて強靭。耐水性もあり、ジップもしっかりと止水になっています。デジタルガジェットも安心して入れておけます。

本来はザックに付けることを想定しているため、ベルトループが付いており、ダブルジップにはコードも付属。ただし、国内ではなかなか売っていないというのが、唯一の難点でしょうか。

シンプルなポーチですが、個人輸入してでも購入する価値はある、と個人的には思っています(笑)。

 

佐々木俊尚/作家・ジャーナリスト
キュレーターとして、Twitterで情報技術やメディア、社会について積極的に発信中。食文化や登山、音楽にいたるまで、守備範囲は広い。最新刊は『そして、暮らしは共同体になる。』。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
Amazonで購入したミニサイズのLEDライト。持ち歩けるサイズだし、色が鮮やかだし、安いし(購入時550円でした)。“失敗してもいいや”という気持ちでポ...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。