小説家スティーヴン・キングが新作の「読み聞かせ動画」を公開!

米国の小説家スティーブン・キングが新作の小説を発表。発売を記念し、本人が同作品の一部を読み聞かせる動画が公開され話題になっているようだ。

日常に潜む狂気を表現したストーリーの巧みさから“モダンホラーの帝王”とも呼ばれる同氏は、『IT』『キャリー』『ショーシャンクの空に』をはじめとする数々の名作映画の原作者としても知られている。

動画では、今回発売された新刊の表題でもある物語『If it Bleeds』の1章を本人が朗読。新刊は、映画『スタンド・バイ・ミー』の原作でもある『恐怖の四季』などと同じ4つの中編から構成された作品集で、彼が繰り返し発表してきた形式だ。

作品について詳しい内容は明らかでないが、どうやら21世紀のテクノロジーへの不安が感じ取れるような作品で、崩壊した世界が書かれている物語もあるのだとか。

じつは、1978年にはパンデミックによる終末世界を題材にした『ザ・スタンド』という作品を発表しているキング。先日おこなわれたインタビューでは、現実世界が彼の物語のようになってきているという声に対して「申し訳ない......」と答えていた。

皮肉なことではあるが、それだけ上質なフィクション作品であることには違いなく、ぜひ動画を視聴して、巨匠の紡ぎあげる新しい物語に期待を寄せて欲しい。

© Simon & Schuster Books/YouTube
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事