お父さんが書いた「秘密の官能小説」を全世界に公開しちゃった……

自分の親が官能小説を書いていたら……なんて正直考えたくもありませんが、そんな事態に直面したのはイギリス出身の映像作家Jamie Mortonさん。

父親が書いた官能小説を見つけたJamieさんは、なんと世界中の人が聞くことができるPodcastでそれを読み上げてしまいました。

タイトルは『My Dad Wrote a Porno(父がポルノを書きました)』。

まんまですね。

制作メンバーはJamieさんのほか、プロデューサー兼ライターのJames Cooperさん、ラジオなどでプレゼンター経験があるAlice Levineさんの3人。

小説それ自体もさることながら、スクリプトや注釈(という名のツッコミ)がおもしろいと話題になり、これまでに1億回以上ダウンロードされています。

2019年には、アメリカのケーブルテレビ放送局HBOで特番も放送される予定とのこと。

となると、気になるのはJamieさんの家族ですが、今はちゃんと応援してくれているらしいですよ。

Top image: © iStock.com/lolostock
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
沢木耕太郎の『深夜特急』は、旅人たちのバイブルだ。インドのデリーからイギリスのロンドンまでバスのみで一人旅をする物語は、多くの人をバックパッカーの旅に駆り...
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
新進気鋭の四人組ロックバンドOKAMOTO’S。彼らがリリースした六枚目のアルバム『OPERA』に対し、その世界観を同名の小説で表現する異色のプロモーショ...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
誰にだって人には言えない秘密があるもの。そんなセンシティブな話を集めたイラストレーターがいる。100人から秘密を教えてもらい、それぞれの後ろ姿を描いた。「...
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
WeWorkが驚きの決定。従業員に食肉を含む食事経費の払い戻しをしないと発表しました。これは日本を含む各国の全社員約6000人に適用されます。
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
ネパールのヒマラヤ山脈から一番近い街ポカラ。その観光地のひとつであるペワ湖の近くに、ちょっと贅沢なヴィラ「The Pavilions Himalayas ...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
もし、心に秘めるセクシャルな欲望を口に出してしまったら。バカにされるかもしれないし、拒絶されるかもしれない。自分の“秘めた願望”を、さらけ出せる人間がどれ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。