お父さんが書いた「秘密の官能小説」を全世界に公開しちゃった……

自分の親が官能小説を書いていたら……なんて正直考えたくもありませんが、そんな事態に直面したのはイギリス出身の映像作家Jamie Mortonさん。

父親が書いた官能小説を見つけたJamieさんは、なんと世界中の人が聞くことができるPodcastでそれを読み上げてしまいました。

タイトルは『My Dad Wrote a Porno(父がポルノを書きました)』。

まんまですね。

制作メンバーはJamieさんのほか、プロデューサー兼ライターのJames Cooperさん、ラジオなどでプレゼンター経験があるAlice Levineさんの3人。

小説それ自体もさることながら、スクリプトや注釈(という名のツッコミ)がおもしろいと話題になり、これまでに1億回以上ダウンロードされています。

2019年には、アメリカのケーブルテレビ放送局HBOで特番も放送される予定とのこと。

となると、気になるのはJamieさんの家族ですが、今はちゃんと応援してくれているらしいですよ。

Top image: © iStock.com/lolostock

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」で好奇心をサクッと満たそう!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
沢木耕太郎の『深夜特急』は、旅人たちのバイブルだ。インドのデリーからイギリスのロンドンまでバスのみで一人旅をする物語は、多くの人をバックパッカーの旅に駆り...
雨の日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
「〇〇の秋」と呼ばれるように、久々に何かを再開したり、新しいことに手を出してみるのにちょうどいいタイミング。ライターのChanel Vargasさんが推す...
8月16日に台湾のニトリがまるちゃんと花輪くんが登場する動画を公開していました。
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
フェスで盗撮された女性がソーシャルムーブメントを生み出し、今イギリスの法律を変えようとしています。
新進気鋭の四人組ロックバンドOKAMOTO’S。彼らがリリースした六枚目のアルバム『OPERA』に対し、その世界観を同名の小説で表現する異色のプロモーショ...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
誰にだって人には言えない秘密があるもの。そんなセンシティブな話を集めたイラストレーターがいる。100人から秘密を教えてもらい、それぞれの後ろ姿を描いた。「...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
“オール・タイム・フェイバリット”なものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は東京・阿佐ヶ谷にある60年〜70年代のロックが流れるカフェ・バー「ジャニ...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。