お父さんが書いた「秘密の官能小説」を全世界に公開しちゃった……

自分の親が官能小説を書いていたら……なんて正直考えたくもありませんが、そんな事態に直面したのはイギリス出身の映像作家Jamie Mortonさん。

父親が書いた官能小説を見つけたJamieさんは、なんと世界中の人が聞くことができるPodcastでそれを読み上げてしまいました。

タイトルは『My Dad Wrote a Porno(父がポルノを書きました)』。

まんまですね。

制作メンバーはJamieさんのほか、プロデューサー兼ライターのJames Cooperさん、ラジオなどでプレゼンター経験があるAlice Levineさんの3人。

小説それ自体もさることながら、スクリプトや注釈(という名のツッコミ)がおもしろいと話題になり、これまでに1億回以上ダウンロードされています。

2019年には、アメリカのケーブルテレビ放送局HBOで特番も放送される予定とのこと。

となると、気になるのはJamieさんの家族ですが、今はちゃんと応援してくれているらしいですよ。

Top image: © iStock.com/lolostock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
チャリティーに力を入れているユージェニ王女がイギリス王室初のPodcastで番組を始める。
「メルカリ」が、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるべく「モノ×物語」をテーマにした短編小説を公式Twitterにて公開。
米国の小説家スティーブン・キングが新しい小説を発表。発売を記念して公開された、本人が同作品の一部を読み聞かせる動画が話題となっている。今回発売された新刊の...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
日本が誇るおいしい地酒をより多くの人に楽しんでもらおうと考案された「お酒と物語」という新しいスタイルの商品が“創刊”された。その名も「ほろよい文庫」。
伊坂幸太郎原作『マリアビートル』がハリウッドで実写化決定。ブラピなど豪華俳優が続々キャスティングされている。
「小学館文庫」の新レーベル「おいしい小説文庫」が6月5日からスタート。初代アンバサダーに女優/創作あーちすと・のんさんが就任!
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を見て暗号解読に挑戦してみたいという人がいるならば、ぜひイギリス・チェルシーにあるバー「The ...
イギリス空軍には“UFO部門”が存在していたが「潜在的な脅威」である証拠を得られずに2009年に閉鎖。今回、閉鎖されるまで50年間にわたって調査資料がイン...
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
「Zaha Hadid Architects」がデザインコンペを勝ち取った中国・深センに建築される高層ビル「Tower C」がカッコいい。
コーヒーの代わりとして、今、アメリカで注目を集めているものがある。それはなんと、あの日本伝統の飲み物“抹茶”なのだとか。
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
フランスの経済学者トマ・ピケティの経済学書『21世紀の資本』が、社会派ドキュメンタリーとして映画化。来月3月20日(金)より「新宿シネマカリテ」ほか全国順...
僕はカール・オーヴェ・クナウスゴールというノルウェーの作家が好きです。彼の自伝的小説『わが闘争』シリーズは世界的に人気があります。ところが!
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...