伊坂幸太郎の小説がハリウッドで実写化へ!

『ゴールデンスランバー』『アイネクライネナハトムジーク』など数々の小説が実写映画化されてきた、人気作家の伊坂幸太郎がついにハリウッドデビューする。

このたび実写化される作品『マリアビートル』は、それぞれ目的を持った殺し屋たちが乗車する東北新幹線を舞台にしたアクション系スリラー。日本で実写化された『グラスホッパー』の続編となっている。

映画タイトルは新幹線を意味する『Bullet Train』で、2021年にはイギリスの出版社「Harvill Secker」より同名の英語翻訳版が出版される予定だ。

キャストは、ブラッド・ピットやNetflixオリジナル『キスから始まるものがたり』への出演で人気に火がついたジョーイ・キングといった豪華な面々。監督も『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』や『デッドプール2』で知られるデヴィッド・リーチが務める。

はたして、日本のエンタメ小説がハリウッドパワーでどんな作品に仕上がるのか気になるところだ。

Top image: © Matt Winkelmeyer/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
7月25日、あのハリウッドスターなどの名前が刻まれている星形プレートが粉々になっていたそう。
米ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、人気の映画シリーズ「Jurassic World」をテーマにしたランイベントの開催を発表。今年7月にリニューアルオ...
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
もしも、自分の親が書いた官能小説を発見したら、あなたはどうしますか? イギリスの映像作家Jamie Mortonさんは、こんな大胆な行動に……。
日本初の美少女アンドロイド「エリカ」がハリウッドで製作されるSF映画の主役に抜擢されたというニュースが発表。約75億円もの制作費をかけて撮影されるという新...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
「メルカリ」が、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるべく「モノ×物語」をテーマにした短編小説を公式Twitterにて公開。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
漫画家・井上雄彦氏が今月7日に電撃発表した自身の代表作『スラムダンク』のアニメーション映画化のツイート。
主演はスウェーデン映画『ミレニアム』三部作で世界的な注目を集めて、ハリウッドデビュ後も、一作ごとにキャリアを積み上げているナオミ・パラス。本作における彼女...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
実現できるようにがんばろっと。
今まで映画についていろいろと書いたことがありますが、今回は懐かしい映画についての話です。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
「小学館文庫」の新レーベル「おいしい小説文庫」が6月5日からスタート。初代アンバサダーに女優/創作あーちすと・のんさんが就任!