パクチー嫌いでも食べられる「岡山マイルドパクチー」を使った「パクチーしょうゆ」

「株式会社行雲」が運営する美観堂から「美観堂謹製 岡山パクチーしょうゆ」が新発売!「黄ニラしょうゆ」「燻製だししょうゆ」に続くオリジナル醤油の第3弾となる。

岡山マイルドパクチーとは、岡山の農家・植田輝義さんが、独自に種を受け継いで育てている品種で、スイーツに使えるほどの高い糖度が特徴。

パクチーラバーがその香りを絶賛するだけでなく、パクチーが苦手な人でも「自分が食べられるものに初めて出会った!」とマイルドな味わいに驚くのだという。独特のツンとした苦味がないのだそうだ。

この岡山パクチーしょうゆなら、パクチーが好きな人も苦手な人も揃って同じ食卓で料理に使える。「豚の生姜焼き風」や「マグロのピリ辛パクチーカルパッチョ」などがオススメだとか。

価格は1150円(税込)、購入はこちらから。

©株式会社行雲
©株式会社行雲
Top image: © 株式会社行雲
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
バックプリントに一目惚れして購入。レンゲから肉汁溢れる小籠包のイラストに食欲を刺激されまくりです。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
日本一晴れの日が多いと言われている岡山県の小田郡にある、矢掛町みかわ地区。みかわてらすの「陽気なピクルス」は、あたたかい陽をよく浴びた野菜で作られています。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
中国発のテクノロジー企業「Xiaomi」は、スマホなどのデバイスをリモートで充電する技術を発表した。この技術が一般化すれば、スマホをリモート充電できるよう...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...