パクチーどか盛り!エキゾチックなUDON

めんつゆ味のうどんに飽きたら、試してみてほしいものがあります。

それはウズベキスタンをはじめアジア諸国に伝わる郷土料理の「ラグマン」。たっぷりのハーブとスパイスがあとを引くウマさ。

それってどうなの?なんて思うかもしれません。でもね、清涼感のあるハーブをたくさん使っているので、梅雨時のジメジメした暑さも吹き飛ばしてくれますよ。

パクチーたっぷり!
ウズベキスタン風のうどん

© 2018/FOOD CREATIVE FACTORY

材料:2人分

にんにく:1かけ(みじん切り)
玉ねぎ:1/4個(薄切り)
ピーマン:1個(細切り)
黄色パプリカ:1/4個(細切り)
トマト:1個(ざく切り)
じゃがいも:1個(皮をむいて一口サイズに切る)
パセリ:3g(みじん切り)
オリーブオイル:大さじ1
牛こま切れ肉:150g
クミンシード:小さじ1
水:800ml
唐辛子:1本
塩:小さじ1/4
茹でうどん:2玉
レモン:大さじ1/2
塩:適量
こしょう:適量
パクチー:たっぷり(2cm幅に切る)
ディル:たっぷり(2cm幅に切る)

作り方

【1】フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて中火で熱し、香りが立つまで炒めたら、玉ねぎを加えて透き通るまで炒める。

【2】ピーマン、黄色パプリカ、じゃがいも、牛こま切れ肉、クミンシードを加えて肉の色が変わるまで炒めたら、トマト、水、唐辛子、パセリ、塩を加えて中火で20分煮る。

【3】茹でうどん、レモン汁を加えてさらに3分煮たら、塩、こしょうで味を調えて器に盛り、ディルとパクチーをトッピング。アツアツのうちにめしあがれ。

Top photo: © FOOD CREATIVE FACTORY
Licensed material used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
今年ほど世の中がパクチーに注目した年はありません。パクチー盛り放題のお店やパクチー料理専門店ができるなど、あのクセのある味にどっぷりハマってしまった“パク...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
世界50カ国のおばあちゃんを訪ね歩いたイタリア人フォトグラファーがいます。ガブリエーレ・ガリンベルティ。彼のプロジェクト「In Her Kitchen」は...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
昨年、空前のパクチーブームに沸いた日本。その多くはエスニック料理でしたが、そこから派生した豪快なオリジナルパクチー料理も次々登場。この好き嫌いが二分する魅...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...