フランスの皮むき器「エコノム」が便利すぎて、手放せない!

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

料理の工程で欠かせないのが、皮むきです。包丁やピーラーを使って皮をむくのが普通ですが、料理好きの間で密かに愛用されている調理グッズ「エコノム」を知ってますか?
フランスでは料理をする際に当たり前に使われているアイテム。これ、一度使うと手放せなくなるぐらい便利なんです。

そもそもエコノムって何?

1819年創業のナイフメーカー、レコノム(L’ECONOME)社がタテ型のピーラーを売り出したのがはじまりとされています。
野菜や果物の皮むきの他、尖った先端部分ではじゃがいもの芽を取ったりと幅広い調理のシーンで活躍してくれます。

エコノムの使い方5選

①定番の皮むき!りんごの皮むき、芯取り!

th_1
まずはりんごの皮むき。包丁だと扱いが怖いという人でも安心してキレイに皮をむくことができますね。

【使い方】りんごにエコノムの刃を当てながら皮をむく。

②憎きじゃがいもの芽が綺麗に取れる!

th_2
じゃがいもを下処理するときに面倒なのが芽取りですよね。じゃがいもの芽にはソラニンや、チャコニンという有毒物質も含まれているにでしっかり取りましょう。

【使い方】エコノムの先端部分で芽を取り除く。

③いちごのヘタ取りにも!

th_3
意外と面倒ないちごのヘタ取り。手で取るよりもエコノムを使うことで綺麗に根こそぎ取ることができますよ。

【使い方】エコノムの先端部分でヘタをくり抜くように取り除く。

④うす〜く削げる!ハードチーズの薄切り

th_4
シーザーサラダの上にオシャレにかかっているあのうす〜いチーズもエコノムがあれば簡単に。もう包丁でうまく削れなくてやきもきすることもありません。硬いハードチーズを綺麗に削ることができますよ!

【使い方】チーズにエコノムの刃を当てながら削る。

⑤きんぴら作りに役立つ!ごぼうのささがき

th_5
きんぴらや炊き込みごはんを作る際のささがき。慣れていないとなかなか難しいものです。そんな時もエコノムがあれば楽々!和食に多用できるなんて本当に便利です!

【使い方】ごぼうにエコノムの刃を当てながら削る。

フランス生まれのエコノム。1つ持っているだけでその使い方は無限大。自分なりの使い方を見つけてさらに料理を楽しんでみては?

料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
フランス料理で用いられる調理法に「Sous vide(スーヴィード)」がある。空気に触れない状態で一定の温度を保ったまま、素材に火を均一に通していくという...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
マッシュポテトをつくって、卵黄とバターを混ぜてオーブンで焼く。これだけのレシピでもフランス人の手にかかれば、見た目もかわいい一品料理に早変わり。メレンゲの...
手ぶらで行けるスポットが続々オープンするなど、日本でも人気が定着した感のあるバーベキュー。「grubstick」で料理の幅を広げてみませんか?5つのアタッ...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...