あっ、だまされた。「えのき」+「ひき肉」=サイコロステーキ?!

新生活、心機一転自炊に励んでいるという方!
そして夏に向けてダイエット中だよっていう方!

ヘルシーかつおいしくて、しかも安く済んでしまう一石三鳥の献立を、野菜ソムリエCanacoさん監修の『はじめよう! きのこ習慣! きのこ女子大のラクうまヘルシーレシピ』(シンコーミュージック・エンタテイメント)が紹介してくれています。

それは、ひき肉に細かく刻んだえのきたけを混ぜこみ、サイコロステーキのように焼いた一品。まるで精進料理みたいなモドキ感なんです。この発想、いままでありそうでなかったなぁ……。

まだ、ギリギリ4月。イベント盛りだくさんの夏本番に向けて、体も財布もダイエットしましょう!

きのこ+ひき肉
「ヘルシーサイコロステーキ」

6175873799553024
Photo by 小澤晶子

よりひき肉の食感に近づけるなら、えのきたけは細かく切るのがポイント!えのきたけの食感を楽しみたい場合は、粗めに切ってくださいね。
肉団子にならないよう、しっかり四つ角を作って、本物のサイコロステーキのように仕上げましょう。

〈材料(2人分)〉

えのきたけ:1/2袋

にんじん:1/8本

たまねぎ:1/4個

合いびき肉:200g

塩胡椒:少々

片栗粉:大さじ1/2

オリーブオイル:大さじ1

柚子胡椒:適量

 

〈作り方〉

1.えのきたけはみじん切り、にんじんはたんざく切り、たまねぎは輪切りにする。

2.ボウルに合いびき肉とえのきたけ、塩胡椒、片栗粉を入れよく混ぜ形を長方形にし、包丁でひと口大に切る。

3.フライパンにオリーブオイルを中火で熱し②を焼き、にんじんとたまねぎも焼き、器に盛り柚子胡椒を添える。

サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
「今日の晩ごはん、誰か決めてくれないかな...」。こんな風に、毎日の献立を考えるのに疲れ果てているあなたに朗報です。メニューを提案してくれる「サイコロ」が...
「ステーキ肉など分厚いお肉を焼くときはひっくり返すのは1回」という定説を耳にしたことはありませんか。焼肉屋さんでも日々繰り広げられる肉奉行たちの「触らない...
ジューシーで柔らかいレストランで食べるようなステーキを自宅で作ることができたら……。そんな願いを叶える「オイルラッピング」を紹介しましょう!使うのは「牛脂...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
まさか、きのこを「優雅」と形容する時が来るなんて。きのこに、ねえ。
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
ステーキ肉を焼いてみたら思ったよりも固かった、なんてことがありますよね。そんな時に機転を利かせてトライしたい料理を紹介します。南米ボリビアの名物「シルパン...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
POPなルックスに目がいきますが、じつは機能面での使いやすさが最大の魅力だと思います。タイマーセットは、測りたい時間を上に向けて置くだけ。チョー簡単でしょ?
がっつりお肉を食べたいけど、なかなかステーキ肉は手が出ない……。とくに給料日前となるとつい我慢してしまいますよね。でも、値段が手頃な「豚バラ肉」をうまく使...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
キノコの真のポテンシャルの高さを知りました。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!
世界でいちばん牛肉を食べる国を知ってますか?アメリカでも、オーストラリアでもありません。世界一の消費国は南米ウルグアイで、一人当たりの消費量は年間46kg...
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...