これは、とってもとっても真面目な、ある愛の話

私はビールが何よりも好きだけど、彼はお酒が、バーや居酒屋といったお酒を提供する場が嫌い。こんなふたりは、きっと、永遠に仲良くなれない。

「これが友人関係の話であればもっともだけれど、こと恋愛関係となると、一概にそうとも言い切れない」

っていうのは、みなさん、おわかりですよね。

そう、恋愛関係というのは、時として、色々なことに説明がつかないものなのです。

一緒にいるために
困難しか伴わないふたり

(英語版予告編)

『ビーボーイとフラワーガールの愛』(原題:The Fantastic Love of Beeboy & Flowergirl )
監督:Clemens Roth / ドイツ / 2015 / 10:00

このふたりがなぜ、ここまでして同じ時を過ごすことにこだわるのか。それって、このふたりにも説明ができない出来事なのかもしれません。

でも、なぜだろう。このショートフィルムを見終わった直後、お家のソファで眠りこけているお酒が嫌いな彼を見て、ビール片手の私の顔から「ふふふ」と笑みが溢れてしまうのは。

こちらの作品の日本語字幕付き全編は『ブリリア ショートショートシアター オンライン』において無料で視聴可能です。

関連する記事

ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
 広告業界では、スマホで観る動画に最適な時間は1分程度だと言われています。もちろん、内容にもよるけれど、いち視聴者として納得です。InstagramでもF...
浮気をした彼女、浮気をされた彼、浮気相手の彼……三者三様、それぞれの事情と正義が。ショートフィルム『愛は盲目』をご紹介。
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
失意のどん底にいた主人公を救ったのは、弟のやさしい嘘。
このショートフィルムに登場するボクも彼女も、すべて段ボールでできています。しかも一切のセリフがない。だからこそ、無機質なはずの段ボールが、こんなにも多くの...
第90回アカデミー賞において『君の名前で僕を呼んで』で主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメ。まだあどけなさが残る彼が主演するこのショートフィル...
ショートフィルム『未来の自分』が教えてくれるのは、“未来の自分は今の自分でできている”ってこと。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
第77回米国アカデミー賞短編実写部門ノミネート、ヨーロッパ映画賞2004最優秀作品賞ノミネート、ミラノ映画祭 2004 観客賞/特別賞/学生審査員賞など、...
秘密っていう言葉、なんて魅力的なんでしょう。のぞいてみたくなるし、聞きたくなってしまいます。でもね、それが大好きな人の“秘密”だったとしたら…。トップモデ...
ヒリヒリするような切なさと得体の知れぬ焦燥感…かつてわたしたちが“少女”だった時、こういう気持ちはわりと密接だった気がします。そんな気持ちを思い出すことの...
イギリスの人気俳優、ベネディクト・カンバーバッチが出演するショートムービー『二人』。ある日、帰宅した彼が今朝の彼と決定的に違っていたら……。
カンヌ映画祭2009・特別名誉賞、ベルリン国際映画祭2010・特別奨励賞、サンダンス映画祭2010・国際短編映画制作審査員賞という華々しい受賞歴を誇るショ...
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
『ネガティブ・スペース』で第90回米国アカデミー賞短編アニメ映画賞にノミネートされた桑畑かほる監督。彼女が夫のマックス・ポーター監督とともに製作したショー...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
手痛い失恋をした時、どうやって立ち直りますか?ひたすら泣く、旅に出る、喋り倒す…人それぞれだと思います。でも、ショートフィルム『デビッドの失恋ツアー』の彼...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
愛は深い。それは約2800年前に古代ギリシャ人が生きていた時代から同じだった。愛をより理解するには、彼らの考えを学ぶのがいい。エロス、フィリア、アガペーは...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
世界にはいろんな愛のカタチがあります。
愛のアプローチって、とってもわかりづらい。
自分で考えてもまったくこたえが出なくて。辞書で調べてもピンとこなくて。
「好き」と「愛」の違いを、わかりやすく説明。これを読んだ後も、パートナーに愛してると言えますか?