鍵盤を踏んだら、おじさんたちが「イイ声」で歌い出した。

大きな鍵盤を踏むとプロの合唱団が歌い出す「Living Piano」と呼ばれる企画。人間でピアノなんて言うと、ちょっとバカバカしく思えた。だけど、演奏が終わる頃には自然と拍手してしまう自分が……。

女の子が鍵盤を踏み、いい大人たちがドレミを奏でるとクスクスと笑う周囲。しかし、そんなことは気にもとめずに演奏は続いていく。途中で、鍵盤の上にずっと座っている男性が登場するのだけど、途切れることなく美声を放ち続けるのは、さすがプロ。

最初は笑ってしまったものの、歌声に合わせてカラダを揺らしたくなる心地よさ。最後は、拍手と賞賛の声まで上がったのだから。

実は、過去にカンヌの広告賞にノミネートされたこともあるみたい。残念ながら、ナゼこの企画を思いついたのか聞くことができなかったのだけど、動画を見ると全員が大真面目にやっていることだけは伝わってきた。

よくよく考えてみると、プロの合唱団に歌ってもらえるなんてかなり贅沢。音楽の楽しさを、改めて教えてくれたような気がした。

Licensed material used with permission by 1one
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
ピアノを折りたたんで持ち運べる!そんな新しい楽器が開発中。「Makuake」で資金を募っている「モバイルグランドピアノ」は、88鍵盤で全長は110.4セン...
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
これは、リサイクルやリユースと違って、ある素材を使って新たな用途を持たせることを指す「アップサイクル」を思わせる一例ではないでしょうか。ミネソタ州に住むジ...
これまで幾度となく世間が注目するPRに成功してきたケンタッキーフライドチキン。そして、そのアイコン的存在である「カーネルおじさん」。先日、DJとして参戦し...
登山道がクローズする約1週間後の11月2日に、ウルル周辺でオペラが開催される予定。主催者側によるとチケットは既に完売したとのこと。注目度の高さから、今後こ...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
名門「香港バレエ団」が公開するカラフルでポップな動画。多数のバエレダンサーが出演し踊りを披露。ソロやデュオ、グループなどさまざまなダンスのなかに、バレエの...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
街中に溢れる日常の些細な音が、オーケストラ団員により再現されている動画がおもしろい。楽器を使って再現される音は、リアルすぎて中毒性が高いんです!
目の前で、見知らぬおじさんが突然大声を出して笑い出したらあなたはどう思うでしょうか?ここで紹介するのは地下鉄の様子を撮影した動画。一人の中年男性が突然ひと...
【速報】TABI LABO、可愛すぎる「天才指揮者」を発見!キルギス共和国のとある教会。聖歌を歌っている合唱団の後ろで見事に指揮を執る女の子。感情の高ぶり...
数学で勉強した円周率、π(パイ)の数字の羅列。それを「Aハーモニック・マイナー・スケール」に当てはめて、ピアノ演奏したメロディが、想像以上に美しかった。そ...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。