プレジャーグッズとわたし。#03

暇つぶしやセルフケア、パートナーとのセックスに。日常生活でプレジャーグッズを使うのは自然なこと。ですが、まだハードルの高さを感じている人が多いのも事実なよう。

そこで、「TABI LABO」の編集部員が新しいグッズをどんどん試してレビューしよう!というのがこの企画。

今回は、ライターTが「Good Clean Love ビオジェネシス」を初体験した感想をお届けします。

©宮川ヨシヒロ

付き合って約2年になる彼がいます。同棲中で、セックスの頻度は週2回くらい。

最近、濡れにくい気がするんです。慣れのせいかな〜。挿入してしまえば一気にぬるぬるするんだけど、それまでがちょっと問題。

友だちに相談したら、「もっと前戯に時間をかければいいじゃん」と言われたんだけど、それはなんか違っていて。

わたしたちはキスをしたらすぐに挿入したい。相性がいいのか、つながっている状態がとても心地いいんです。

前まではキスだけで濡れてたってのもあるかな。ひと突きでスーッと入っていました。

いまは何度か突いてこじ開けていく(?)感じ。彼がやさしく来てくれるから全く痛みはないけど、その時間が気まずいな〜とは思っていて。

ローションの存在はずっと気になっていました。

洗面台に隠していたビオジェネシスをトイレで注入。再利用できるアプリケーターが2本セットになっているので、まずチューブからそのアプリケーターに充填。

それからカラダの中へ。

月経カップを使っているので、こういう出し入れには慣れています。簡単にできました。手が汚れないのもいいな〜。

注入したところほとんど違和感もなく、歩いた時にじんわりしてるかな?とわかるくらい。

お互い、求められたら拒むことはほとんどありません。

それまでの流れは端折るけど、結論、ひと突きでスーッと入っていきました。

最近したなかでいちばんいいセックスだったなあ。

Good Clean Love ビオジェネシス

価格:5280円(税込)

Top image: © 宮川ヨシヒロ