バター風味が際立つ!「ポップコーン」を簡単に作る方法

一般的なポップコーンのつくり方は、熱したフライパンに油やバターを溶かして、ポップコーン豆を弾けさせていく方法。それをもっと手軽に、さらに風味豊かなアレンジを加えたレシピが「LittleThings.com」に登場しました。「こっちの方が断然美味しい!」と豪語するCassandra Lewis氏は、ちょっとした家庭の気づきをハックに変えるアイデアマン。彼女のレシピ、手抜きではないのであしからず!

04-600x313

まずは、材料。
「天然のポップコーン豆が断然おすすめ」とLewis氏。あとは、できれば有機バターを使うこと。塩分が気になる人は無塩バターでもOKだそう。あとは、耐熱ボウルとボウルにフタができるサイズの平皿が一枚、これだけ。

つくり方もいたって簡単。
ボウルに人数分のポップコーン豆を入れて、バターを大さじ2杯分用意します(お好みで量は調節して)。ちなみに、ポップコーン豆は1人前で30〜50グラムが目安。

310-600x600

ボウルの上に平皿を置き、ボウルではなく、お皿の上にバターを乗せるのがポイント。そのまま電子レンジに入れて、600wで3分弱加熱します。この同時調理が美味しさの秘訣。

58-600x600

この方法なら、ボウルとお皿を熱が上手く循環するだけでなく、ポップコーンがポンポンと弾け飛ぶのも防ぐことができるんだそう。豆がすべて真っ白いポップコーンに変わったら、電子レンジから取り出します。熱くなっているから、やけどに注意して。

68-600x600

最後に、お皿の上の溶けたバターをできたてのポップコーン回しかければ完成。


たったこれだけのことなのに、焦げる心配もなく、驚くほどにバターの風味が増して、香り豊かな仕上がりになるようです。ちょっとリッチなポップコーン、是非お試しあれ。

Licensed material used with permission by LittleThings.com

D-STYLISTの「ポップコーンメーカー」は、熱風でコーン種(爆裂種)を膨らませてつくるタイプ。本体内部でコーン種が回転しながらおよそ60秒ほどでポンポ...
ここ数年で続々オープンし、いまだに行列が途絶えないというポップコーン専門店。どのお店もとっても美味しくて、人気があるのも頷けます。だけど、行列に並ぶのはち...
普通のバターではありません。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
難易度は低めで最高に幸せになれる簡単スイーツレシピをまとめました。材料をのせたり順番に重ねていったりするだけでできるスイーツから、分量は覚えなくてもいいク...
本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
「ゴールデンミルク」を作ってみたら意外と簡単!むしろ簡単すぎて、物足りなさを感じるくらい。
料理の初心者向け、コンロ1つで20分できる海外料理レシピ5選。9分でできるパスタ、フィンランドのサーモンスープ、台湾のトマトニューロー麺、ギリシャのレモン...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
海藻に特化したブランド「SEASON」が手掛ける「三陸海藻バター」。調味料ならぬ「風味料」として、いま注目のバターです。
世界の味をバターで表現する「CANOBLE(カノーブル)」から、いつもの料理にチョイ足しするだけで本格タイ料理を楽しめるブールアロマティゼ「トムヤムクン」...
スナック菓子業界初となる機能性表示食品として「マイクポップコーン プラスファイバーうすしお味」が発売される。若者の食物繊維の摂取量不足を背景に、おなかの調...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
りんごを使ったスイーツは数あれど、これもオススメのアレンジです。「りんごバター」。あま〜い果肉の風味が加わったバターのおいしさは、レモンカードにだって引け...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
〈Vitantonio(ビタントニオ)〉のポップコーンメーカーは、このブランドらしいスマートなルックスで、機能面も優秀。操作は簡単だし、マッシュルームタイ...
「じんだ味噌」を知っていますか?これは山口県周防大島の郷土料理で、素焼きしたメバルのほぐし身と麦味噌を合わせたもの。冷蔵庫のない時代、釣った魚を保存するた...