チーズでもオイルでもない、第三のフォンデュがスイスに存在した

こう書くと、チョコレートフォンデュが頭に浮かんだんじゃないでしょうか。答えはNO。スイスには、まだ知られざるフォンデュスタイルがありました。それが「フォンデュ・シノワーズ」。

フォンデュの新スタイル
その源流は中国にあり?

7390742c45860e6059d8580f357026062481472b

シノワーズとは「中国」を指していて、その名の通り、ルーツは中国料理あるのだとか。つくり方はじつに簡単。コンソメやブイヨンスープを沸かしておいて、専用フォークに刺した薄切りの牛肉、豚肉、野菜などを入れ、火を通して食べるというもの。

日本のしゃぶしゃぶのように熱湯にさっとくぐらせるのではなく、フォークごとしばらく鍋の中に。よく火を通すのがスイス流なんだそう。仕上げにガーリックやカクテル、タルタルなど、好みのソースをつけていただきます。

外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
ここは、スイス第3の都市バーゼル。毎年、世界最大の現代アートフェアが開催されるなど、同国の中でも知名度の高い街と言っていいでしょう。実は最近、その街中にピ...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
雨の日に役立つ、ヨーロッパで大人気の便利アイテムが、ついに日本に上陸しました!その名も「dryve(ドライブ)」。スイス生まれの自転車専用雨よけシールドで...
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
オリーブオイルにタラコを浮かせたら、あまりの美味しさにハマってしまいました。
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
rich(リッチ)やcreamy(クリーミー)にはそれなりに親しみがあるチーズのニュアンスですが、“tangy(タンジー)”ってなんなの?
The Field Roast Grain Meat社が販売している「CHAO SLICES」は、とろける様子も完全に普通のチーズそのもの。だけどヴィーガ...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
夏に向けてダイエットを始めている人も多いはず。高カロリーなイメージにあるチーズですが、ダイエット中にもたくさん食べたい! そんなチーズ好きな人にオススメの...
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
最近、話題の「チーズティー」。台湾発祥ですが、アメリカやイギリス、日本にも初上陸し、話題になっているよう。どんな味なのか気になってはいても、なかなか手が出...