コロコロ塗ってスイスな気分に――ナリン ハーブオイル33+7 ロールオン

©2019 TABI LABO

集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。

ナリンのハーブオイル33+7 ロールオンは、塗り心地がコロコロしていて気持ちいいロールオンタイプのハーブオイルです。スイスにあるヨーロッパ最古の修道院、ザンクトガレン修道院に保管されているシスター達が綴った伝統レシピをベースに、ユーカリ、ミント、柑橘系など、40種類のハーブをブレンドしたもの。肌に直接塗って保湿できるので、ネイルケアやフットケアにも使えます。

スーッとする爽やかな香りで気分転換のスイッチを入れたあとに、華やかな香りへと変化して穏やかな気持ちにシフトできます。余計な力が入って想像力ががんじがらめになっているなーなんて感じたら、こめかみや手首などにつけて2分くらい目を閉じ、草花が揺れる小高い丘をイメージ。

ハーブオイル33+7 ロールオン 10ml ¥2,484(税込)(ナリン TEL:03-6721-1604)

持ち歩きサイズの「リラックスアイテム」をまとめました
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
オリーブオイルとハーブさえあれば、どれだけ普通のチーズであっても魅力的なアペタイザーに。秘密は「マリネ」にありました。
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
スイスの最重要バンドである「YOKKO(ヨッコ)」のジャパンツアーが開催!
「LE BÉNÉFIQUE」のハーブティーは、野生の植物を1本ずつていねいに摘み取り、それを “そのままのかたちで” 乾燥させてつくられています。
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
La Petite Epicerie(ラ プティット エピスリー)のオリーブオイル缶です。光による酸化を防ぎ、よりおいしさが長持ちに。素材や製法にこだわっ...
兵庫県丹波篠山の無農薬ハバネロを使ってつくる「メローハバネロ」。シリーズ中もっとも辛いのがこの「Heaven」。これぞ、正真正銘の激辛!なのにきちんと美味...
スイスの2月9日の国民投票で、性的指向を理由とする差別を刑罰の対象とする法案が可決された。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
オイルを使ってうがいをするだけ。手軽にできる美容法として話題のオイルプリング。けれど、「やってみた」という人はまだまだ少ないはず。良いというハナシは聞いて...
今、悩みや迷いがある、なんだかモヤモヤしている、自分の中の何かを変えたい、正直疲れ切っている……突然ですが、そんなみなさんには是非、週末にフィンランドへ行...
2月24日、イングランドと北アイルランド、スコットランドのサッカー協会が「ヘディング」に関する新たなガイドラインを発表した。それにより、小学生のヘディング...
ストレスを感じたとき、ちょっと落ち着きたいとき、考えをまとめたいときに触ってリラックスするためのタマゴ型アイテム。
ディッシュラックに溜まった水を活用して、植物(食用ハーブ)を育てることができる「Fluidity」は一人二役をこなす秀逸なアイテム。「こんなの欲しかった」...
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
小さなリラックスアイテム特集。青森ひばの湯玉をひとつ持ち歩いてみてください。ひば油を1滴ティッシ……
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。