25年前、キング・オブ・ポップが残した「現代へのメッセージ」

毎年、6月25日がくるたびに世界はどこか喪失感を覚えます。1970年代以降、音楽界のアイコンとして君臨した“キング・オブ・ポップ”、マイケル・ジャクソンを失ってから今年で8年。

マイケル自ら手がけた詩集
『Dancing the Dream』

人類史上最も成功したエンターテイナー、こう称されるマイケルの写真や資料を集めた書籍は、これまでにも世界各国で数多く出版されてきました。なかにはマイケル自身が手がけたものも。

そのひとつ、1992年に出版された『Dancing the Dream(ダンシング・ザ・ドリーム)』は、写真集として見ごたえ十分な大型本。ここに添えられているのがマイケルの美しい詩。歌詞ではなく詩集(散文も)というのがポイントです。

On Children OF THE WORLD
(世界の子どもたちのために)

以下の一編は、2009年マイケルの死から2日後「The Telegraph」が引用した詩の“全文”です。同紙が掲載しなかった詩の続きを太字で表現しました。

“We have to heal our wounded world. The chaos, despair, and senseless destruction we see today are a result of the alienation that people feel from each other and their environment.

Often this alienation has it roots in an emotionally deprived childhood. Children have had their childhood stolen from them.

A child's mind need the nourishment of mystery, magic, wonder, and excitement. I want my work to help people rediscover the child that's hiding in them.”

(和訳)
「僕たちは、この傷だらけの世界を癒さなくてはならない。今日僕たちが目にする混沌や絶望、無感覚に破壊されるあらゆるもの、それらはすべて対人関係や環境から感じる疎外感が原因。

この疎外感はしばしば、愛情に恵まれない幼少期の精神的貧困が元になっている場合がある。今を生きる子どもたちが、そうした大人の手によって、『好奇心』を奪われている。

でも、子どもの心に必要なのは、神秘や、魔法や、不思議さや、興奮といった栄養素。だからぼくは、歌うことで大人の心の奥底に潜む『子どもの心』を探し出す手助けがしたいんだ

振り返れば当時の世相は、まだどこかで前年に結審したはずの児童性的虐待による嫌疑を、完全には払拭できずにいたのかもしれません。

それでも、音楽性や人種を越えて万物を愛し、平和を愛し、子どもたちを愛した彼のやさしく、力強いメッセージは、まるで四半世紀が過ぎた今の時代を言い表しているかのよう。

圧倒的な歌唱力やダンスパフォーマンスだけが、稀代のスーパースターと呼ばれる所以ではない。エルビス・プレスリーやジョン・レノンと等しく、マイケル・ジャクソンもまた、音楽シーンを越えた時代のアイコンですね。

さて、今年も、世界各地で追悼セレモニーが開催されているようです。MTVでも、ドキュメンタリー映画『THIS IS IT』をはじめ、マイケルの詩の真相に迫る特別番組など、昼12時から14時間連続でオンエアを予定しています。

Top Photo by Kevin Mazur/WireImage/Getty Images
Reference:The Telegraph
世界の音楽シーンを塗り替え、後年のアーティストやクリエイターたちに多大な影響を与えた「KING OF POP」マイケル・ジャクソンを振り返る。
音楽に全く興味がない人でも、その名前くらいは耳にしたことがあるでしょう。マイケル・ジャクソン。そう、“キング・オブ・ポップ”として「スリラー」「バッド」と...
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくる連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、“キング・...
「竹内まりや」がヨーロッパでも人気になっている理由をYouTubeのアルゴリズムをあげました。今日は、そんなYouTubeで成功している「キング・オブ・ア...
スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ(WWS)」と、アパレルブランド「ジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relu...
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
白地に赤いレトロな字体がポップ。110年を超える歴史を持つサクマ式ドロップスのなかでも、疲労回復に必要だと言われている、糖分、クエン酸、ビタミンCの3つの...
どんなに偉大な有名人だって、当然昔は子供で、ピチピチの若者だったわけです。そんな彼らの「今と昔」がわかるイラスト作品が話題。まるで親子みたいですが、必見!...
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
英「バーガーキング」が看板商品「ワッパー」について“ある告白”をする動画が話題に!
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
先週3日(金)より、オフィシャルサイトにて販売開始。“毎日の暮らしにポップな彩りを”をテーマに、ピンク、イエロー、グリーンという3種類のネオンカラーで展開...
今回紹介するのは、イギリスのグラスゴー出身のエレクトロ・ポップバンドCHVRCHES (チャーチズ)です。
2019年も『コリンズ英語辞典』からワード・オブ・ザ・イヤーが発表された。今年選ばれたワードは、人々の環境問題への意識の高まりを表した“あの言葉”......。
このタペストリーは、2017年に北アイルランドの観光キャンペーンで製作されました。それぞれのエピソードで起きた出来事が再現されているので、最終章に合わせて...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
Jasmine Vaughn-Hallさんが用意してくれたのは、キング牧師の20の名言。人種差別撲滅に働きかけ、アフリカ系アメリカ人の人生に多大なる影響を...
「マクドナルド」と「バーガーキング」といえば、人気を二分するライバルとして知られる世界的なハンバーガーチェーン店。話題には事欠かない両者だが、このたびコス...
最終章のブルーレイ&DVDリリースを記念して「ゲーム・オブ・スローンズ展」が12月13日~25日の13日間「渋谷ロフト」で開催。
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
鳥かごの中で仕事をする小鳥、自殺する時計…。ポップなイラストの中に現代社会の闇を描いているのは、Elia Colomboさん。彼が発している強烈なメッセー...