都市マップを「球体に描く」スゴ腕アーティスト

旅先で出会った建築物をモレスキンのノートにペンですらすら描いていくAmer(@TendToTravel)。ハイクオリティな彼のラフスケッチは、数年前から海外メディアで多く取り上げられ話題となっていた。そのAmerの新たな手法がおもしろい。

3Dの地球儀のような球体マップの上を旅してみたい。

Hong Kong

一見すると何が描いてあるのかわからない。が、これは香港島セントラル(中環)を中心に球体に描いたマップ…らしい。

香港経済の中心地に集中する高層ビルを、1本1本手描きで仕上げているそうだ。高さ415mのランドマークタワー「国際金融中心」や、三角のパネルを組み合わせたような「中国銀行タワー」のリアルさからも、いかにありのまま忠実に描いていっているかが分かるはず。

地上から放射線状に空へと伸びる、高層ビル群。その隙間を縫うように南北へと伸びる道路、豆粒のような家屋もちゃんと描かれている。

Paris

凱旋門を中心に、そこから放射線状に広がる街並みが特徴的なパリ。マップ下に流れるセーヌ川、ほとりにはエッフェル塔がそびえている。さながら映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するデス・スターのようだ。

Dubai Marina

Melbourne I

Melbourne II

Tokyo , Shibuya

さてこのAmer、じつは結構な日本ツウらしく、過去に2回来日した経験があるという。詳細は未定だが、2017年に来日を予定しているそうだから、どこかで彼の作品に触れるチャンスがありそうだ。

そんなAmerへの取材のなかで、こんなサプライズプレゼントが届いた!

なんと、TABI LABOのオフィスを中心とした渋谷周辺のグローブマップを、わずか数日で仕上げ、写真で送ってきてくれた。渋谷ヒカリエや渋谷マークシティの立体感が分かる?

Google マップから球面を想像し
都市を描き出していく

Google マップを参考に、縮尺を球体上におこし直し、建物一つひとつを精巧に描いていくのは気の遠くなるような作業に違いない。Amerにこんな質問をしてみた。

──マップを球体化して描く、Globe Mapはどこからスタートするの?

まずは地図上のメインストリートとなる幹線道路をGlobe Mapに落とし込んでいきます。だけど、全部を細かく引いてしまうのではなく、5本〜10本といったところ。それから平面の地図が球体になったとき、どんなビジュアルになるかを、とにかく頭に想い描くところからスタートします。

そこから大ざっぱに五点透視図法を使って、建物を描いていく。最後に窓や車、街路樹などの細かなところを仕上げるイメージですね。

 

──ひとつのGlobe Mapにかかる制作時間はどのくらい?

平面と比べて圧倒的に工数はかかりますね。だけど小さいものであれば数日、大きな作品となると、根を詰めてやっても2ヶ月近くかかることも。作品が大きくなるにつれて、中心部をきちんと仕上げなければいけませんからね。描いていて自分でもたまにめまいがしてくることもあるんです。方向感覚がなくなるというか。

子どもの頃、NASAが発表する宇宙空間から捉えた地球の美しさに魅了され、映画『スター・ウォーズ』シリーズに心奪われていたAmer。

建築家を志し、単調にマップを描いている日々のなか、イーロン・マスクの宇宙開発や、火星移住計画に触発され、アーティストへ転身。前職のスキルを活かしてこの技法にたどり着いた。

難解なパズルのピースをはめ込むように
世界ができあがっていく様子

AmerはGlobe Map制作に挑む気持ちを、難解なパズルや心理ゲームをしているときに例える。精神を研ぎ澄まし、イメージを働かせながらキャンバスに向かい、ひと息に描いていく。ひとつのGlobe Mapが完成すると、いつも数週間はペンを持たない休息に充てるそう。

気の遠くなるような制作の過程は、以下の動画でチェックできる。こちらは空想の世界都市のようだけど、スフィンクスからコロッセオ、五重塔など和洋折衷。Amerにしか表現できない緻密で繊細なマップができあがっていく様子は、ため息しか出ない。

Licensed material used with permission by Amer (@TendToTravel), Instagram
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
海外旅行で神経質になりがちな両替所探し。そのストレスを、「Get4x」がキレイサッパリ解消してくれるかもしれません。使いかたはカンタン。交換したい2種類の...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
トラベルグッズ専門のストア〈Flight 001(フライトワン)〉から発売されている変換アダプターがカワイイ! 4つのプラグと1つのアダプタがセットになっ...
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
1953年にイラストレーターのハーブ・ライマンと一緒に描いたというマップ。6月25日に、「Van Eaton Art GALLERIES」のオークションで...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
イギリス発の「BeeLine」。専用のアプリを使うと目的地までの距離と方角だけを教えてくれる、迷うことや遠回りすることを楽しもうというアイテム。
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
ひたすらにチーズの絵ばかりを描きつづけた<cheese artist>は、世界にMike Genoたったひとりだ。ただチーズを描いて飾っているだけではなく...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
最大の特徴はグリップ式であること。“マグネット式よりも固定しにくいのでは?”なんて思ってましたが、実際は使いやすいです。片手で、ワンタッチで、スマホを固定...