弾丸「アメリカ車旅」。本土48州を、たった9日間で巡る方法

異国情緒を感じながらその土地にどれだけ浸透するか。バックパッカーやひとり旅の楽しみ方といえばこれ。だけど、風の向くまま気の向くまま、とはいかない期限付きの旅を徹底的に満喫するためには、こんなチャレンジもアリだったりして。

ただ車窓からアメリカを見て回るだけ?多分、そうなっちゃうだろうけど。

Google マップ全2,256ルートから
最短、最安ルートを算出

ペンシルバニア大学の研究員ランディ・オルソンさんは、超効率的かつアグレッシブな方法でアメリカ本土全48州を車で回る方法を発見。実際に48州を、なんとわずか9日間で訪れることができたそう。

このロードトリップを導き出すにあたり、とにかく出来うる限り多くの州議会議事堂の写真を撮る、ということをゴールに設定。なお、カナダを経由するアラスカ、そもそも空路のハワイの2州は除外されています。ま、これは仕方なし。

ところで、肝心のルートはどう設計していったかというと、意外にもごくごくフツーにGoogle マップがベースだそう。まずは48州すべての州議会議事堂をポイントし、点と点を線で結んでいく作業。ナビゲートされたルートはじつに2,256。

つぎに、これを道路状況や周辺環境と合わせアルゴリズムに添ってデータを最適化していきました。最短ルートを算出していった結果、1本のルートに絞られたそう。48州すべての議事堂を回るための走行距離は約21,420km、日数にして8.5日。テクノロジーがあぶり出し、最短かつコストパフォーマンスの良い“ただ一つ”のルートだとか。

10日で10州、30日で40州…
計画的で無理ないルート設計

各都市での渋滞や混雑状況を抜きにしても、グラフが指し示すように、最初の10日間で10州、4日目には30州、とほぼ綺麗な右肩上がりになっていることがわかります。

ちなみにこのロードマップ。48州のどこから旅を始めてもいいように設計されていて、ルート上にいる限り、すべての州議会議事堂を通る設定になっているんだそう。

「パソコンの前に座って、最適ルートだけを地図上から選択しようとすれば、それこそ天文学的な数のルートが出てくるはず。Google マップですら2,200件以上もあるんだから」

アナリティクスで最適化するにあたり、今回のロードトリップがなるべくローコストで、事故のリスクも少ない時間帯での移動であることが前提にあったとランディさん。そんな考慮あっての日数だと聞けば、この夏、友だち数人で弾丸ツアー敢行なんて選択肢も急浮上!? 

Licensed material used with permission by Randy Olson
他の記事を見る
正直「参考になる」とは言えませんが、アメリカ48州(ハワイとアラスカ以外)を無駄なく効率的に回るルートを編み出して話題になった、Randy Olson氏。...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
日々の子育てのドタバタから非日常の世界へ旅立つことで心もリフレッシュ。ちょっとした工夫が旅をグッと楽しく、そして気軽なものにしてくれました。経験から伝えた...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
ロードトリップに欠かせないのが、道路沿いにあって素泊まりできるモーテル。と言いたいところですが存在感は薄れてきているようです。サンノゼ州立大学の教授And...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...