生産者と消費者をつなぐ「直売所検索アプリ」

「近くの直売所で、おすすめはどこ?」

「今何が販売されてる?」

「傷つき野菜を格安で手に入れたい!」

こんな内容を検索したり、共有したりできるのが、直売所検索アプリ「Veggie(ベジー)」だ。消費者は、スマホのGPS機能を使って現在地から近い全国の直売所を調べることができ、生産者は、スマホひとつで自身が運営する直売所の情報を登録、編集することが可能だ。

近年、食の安全性に関心を持つ人が増え、新鮮で安全な農産物などを適正な価格で手に入れることができる直売所の人気も高まっている。

なんでも、農林水産省2011年発表の調査によれば、全国の直売所は16,816施設あり、コンビニの最大手セブンイレブンの国内店舗数を上回る数なのだとか。

全国に点在した直売所は海外から見ても珍しい販売形態。そんな直売所に光を当て、古ぼけた小屋のような直売所から、地域の観光の名所にもなるようなおしゃれな直売所ができてほしい。本アプリには、そんな願いも込められている。

生産者と消費者の交流がアプリを通して活発になれば、お互いの立場を理解できよりよい農産物が地域で手に入るようになるはず。

さまざまな可能性を秘めた本サービスの今後に期待したい。

©2020 Veggie.LLC
©2020 Veggie.LLC

Veggie

【公式サイト】https://www.veggiejapan.com/

Top image: © 2020 Veggie.LLC
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェ「食べチョク」が実施してきた「コロナでお困りの生産者さん」応援プログラムが、週末の5月31日で終了する。
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
香港でのデモがきっかけで急成長したサンフランシスコ発のメッセージアプリ「Bridgefy(ブリッジファイ)」。Bluetoothにつなげば、100m以内に...
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
スペイン・サグントにある地中海に面したビーチでは、砂浜を区画し、利用者が予約できるブロックを作成することを発表した。利用者は専用アプリを通して、ブロックと...
「ジーユー」の対象店舗で1万円以上購入し、「ディディ」のアプリをダウンロードした利用者を対象に、同社の15%オフ乗車クーポンを配布するという。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
「アパホテル」は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、医療関係者とテレワーカーそれぞれに向けた特別なプランとクーポンを用意。破格の料金プランで宿泊が可能になる!
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
新型コロナウイルスの感染拡大防止による学校給食の取りやめを受け「うまいもんドットコム」を運営する「株式会社食文化」では、フードロスを削減すべく、給食の食品...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
Facebookの広報担当者は8月2日に「製品やサービスがFacebookの一部であることをより明確にしたい」と声明を発表。傘下にある2つのアプリ、Ins...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
4月14日、カナダ発のブランド「ARC’TERYX(アークテリクス)」が、新型コロナウイルス(COVID-19)と戦う医療従事者に向けて、再利用可能な医療...