荒々しく、冷たい建築物をめぐる観光マップ

ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっちの方が新鮮に映りました。

もしも、他人と違った旅をお好みならば、こんな観光地めぐりはいかがでしょう。

コンクリ打ちっ放しの荒々しさ
ブルータリズムという建築様式

街にとけ込むことなく、存在感をあらわにする。今でこそ珍しくなくなったコンクリート打ちっ放しの建築物。これらはおもに1950年代から70年代にかけて、世界の建築様式に登場したものだそうです。

第二次対戦後のヨーロッパ。再建、工業化に向かうなかで、拡大する都市部には大規模な公営住宅や公共施設が必要になりました。短時間で、しかもコストがあまりかからない建築工法が模索されるなか、登場したのがコンクリや鋼鉄を用いて設計された建物たち。

それまでにない無骨で、荒々しい、冷たい印象を与える建築様式を総称して、「ブルータリスト、あるいはブルータリズム」と呼ばれています。

都市に点在する
メガストラクチャー

現在も都市にたたずむブルータリズム様式の建物だけをマッピングしたのが「Brutalist Maps」。時代のアイコンとなるメガストラクチャーを、ロンドン、パリ、ベオグラード、シドニー、ワシントンD.C.の5都市で先行販売。

前述のとおり、30年あまりの間にブルータリズムは各地に広がりました。その余波は当然日本にも。

例えば、原宿の国立代々木競技場、同じく原宿の集合住宅ヴィラ・ビアンカ、竹橋駅に直結したパレスサイドビルなど、東京にもこの時代に建てられた現役のアイコンが数多くあります。

シドニー大学(1973年築)

ベオグラードの集合建築(1963年築)

パリ郊外《クレテイユ》の集合住宅(1974年築)

ベオグラード航空博物館(1989年築)

ワシントンD.C.のJoseph Mark Lauinger記念図書館(1970年築)

むき出しになったコンクリートは、荒々しく、時に冷たい印象を与えますが、この姿に魅了される人も多いんだそう。

こちらはロンドン市街地マップ。赤で表示されているポイントがブルータリズム様式の建築物ですが、こうして見ればどこかのエリアに密集して乱立しているわけではなく、市内全域で建築されたことが分かります。

背面には、建物の名称と設計者、住所、竣工年などの情報も。

この手の情報は、得てしてウェブの中にしかないもの。スマホを手にめぐることだってできるでしょうが、「あえてマップで」というのがいいなあ。

Licensed material used with permission by Blue Crow Media
シティマップ「Urban Prints」は、無駄な情報を一切省き道路だけで表現したシティマップです。主張しすぎないデザインだからこそ、部屋の用途を限定せず...
旅先で出会った建築物をモレスキンのノートにペンですらすら描いていくAmer(@TendToTravel)。ハイクオリティな彼のラフスケッチは、数年前から海...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
1953年にイラストレーターのハーブ・ライマンと一緒に描いたというマップ。6月25日に、「Van Eaton Art GALLERIES」のオークションで...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
Googleマップをベースとして、モダンアートに変身させる「Modern Map Art Prints」。そのクオリティは、美術館にあるレベルなのだとか。...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
Googleマップといえば、建物の内部に入れたり、3Dグラフィック機能が追加されたりと、機能向上は日進月歩。唯一の難点は、ときたま感じる動作の重さでしょう...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
これは、ビッグデータを使用した芸術表現を得意とするErick Fischer氏が製作した、「世界主要都市の観光マップ」だ。氏は、Twitter投稿された画...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
イギリス発の「BeeLine」。専用のアプリを使うと目的地までの距離と方角だけを教えてくれる、迷うことや遠回りすることを楽しもうというアイテム。
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
新たな観光スポットとして要チェックです。
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
最大の特徴はグリップ式であること。“マグネット式よりも固定しにくいのでは?”なんて思ってましたが、実際は使いやすいです。片手で、ワンタッチで、スマホを固定...