赤ワインとダークチョコでつくる「最強のブラウニー」

赤ワインにダークチョコ。口に含んで鼻に抜ける香りをしみじみ味わえば、どちらも至福のひとときをもたらしてくれます。もともと好相性なこのふたつですが、ここ数年ブームの兆しがみえるホットチョコレートワインのように、一度に両方のいいとこ取りをした味わい方まで登場。

でも、それよりさらに上をいく、ダークチョコと赤ワインのおいしい組み合わせがありました。

焼きたてのその香りは、
まさしく天国のよう。
米で話題の赤ワインブラウニー

もしも、天国になにがしかの香りが存在するとしたら、間違いなくそれは焼きたての赤ワインブラウニーをオーブンから取り出したときの芳香だろう──

なんて、大げさに表現するのはアイデアレシピが満載の「Country Living」。フードブロガーA Cookie Named Desireの赤ワイン入りブラウニーを、真っ先に紹介したのがこのサイト。これを目にした人たち実際につくったブラウニーが次々とSNSにアップされ、いつしか大きなうねりに。

赤ワイン漬のクランベリーと
ねっとり、もったり感の共演

つくり方はいたって簡単。
と言うより、ほとんど普通のブラウニーと変わりはありません。A Cookie Named Desireのレシピによると、赤ワインはクランベリーを漬け込むために使うそう。

ボウルに180ml赤ワインを用意します。おすすめは重厚感のあるフルボディタイプだそう。そこにクランベリーを入れて30分から1時間。クランベリーの表面が膨れてぶっくりしてきたら準備完了。

あとは、ブラウニーミックス(ここでは説明のため簡単に)のなかにワインごとクランベリーを入れてよく混ぜ、熱したオーブンで焼いていくだけ。残りのワインをゆっくり楽しみながら完成を待ちましょう。

この赤ワインブラウニーのムーブメント、きっと近いうちに日本にもやってくるはず。今からマスターしておけば、来年のバレンタインデーにはバッチリ。詳しいレシピが必要な人はこちらからどうぞ。

ブルックリン発のベーカリー「BAKED」の代表作は、ダークチョコレートを使ったブラウニー。フランス料理協会ベストデザート賞など数々の賞に輝くこの味を...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
独断と偏見でピックアップしました。
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
家飲みのシーンで飲み残しのワインって結構ありますよね。もちろん栓をして保存しておくこともできますが、こういうときにちょっと思考を変えて作ってみてほしいソー...
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
食べ物で性格を言い当てる、「Elite Daily」名物ライターGigi Engle氏が、なにやら気になる分析を記事にしました。チョコレートの好みで女性の...
お店に行くと、ずらっと棚に並んでいるチョコレート。よく見かける「ダーク」と「ミルク」だったら、あなたはどちらを選びますか?恋愛系の記事で人気の女性ライター...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
今年のバレンタインはどんなチョコレートをもらった?板チョコはちょっとがっかりだけど、それが「ビーントゥバー」なら話は別。数年前から話題になっているビーント...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...