ちょっといいですか、下の毛のお話

アメリカから日本へ行くとき、毎回「ある問題」がわたしを悩ませる。それは下の毛の処理。温泉が大好きなわたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけないからだ。下の毛がまったくない状態で一度温泉に行ったら大注目を浴びてしまい、それ以来日本に行く時はとにかくできるだけ生やしてから行く。
 
そう、日本は「下の毛ボーボー大国」なのだ。
 
おそらく、現代の日本でワキ毛をボーボーに生やしている女性は、ほとんどいない。それなのに、なぜか下の毛は無法地帯。日本人の女性は髪の毛を美容院でキレイにしてもらうし、眉毛も剃ったり切ったりして整えるし、腕や足の毛、ワキ毛も剃る。そしてあんなにも小さな鼻の中の毛まで。
ありとあらゆる毛のケアをしっかりしているのになぜか、下の毛だけは山奥の秘境のように手付かずの自然が残っている状態。いや、美意識のスポットライトを当てられず放って置かれている存在なのだ。
 
アメリカではワキ毛を処理するのと同じレベルで、下の毛も処理している女性が多い。形を整えたり、小さくしたり、細い線やハート形にしてみたり、はたまた全部無くしてみたりと人それぞれではあるけれど、3Dの模型かと勘違いするほど立体的なモジャモジャは、たぶんほぼあまりいない。下の毛を処理する理由は、衛生的であるし、実はベッドでの感度が違うということもある。
 
アメリカで下の毛を処理しないのがいかにマイノリティであるかは、脇毛がボーボーの女性を見たときに湧き上がる、あの妙な気持ちを想像してもらえば簡単かもしれない。アメリカで下の毛がボーボーの女性を見るとまさにその気持ちになるのだ。特に男性は女性の無処理の下の毛を見ると、なんとも言えない気持ちになるようだ(ボーボーフェチもいることは確かだけれど)。
わたしはアメリカの下の毛事情しかわからないけれど、たぶんこれだけボーボーなのは先進国では日本だけかもしれない。
 
いつか、日本女性の下の毛も脇毛のように扱われる日が来るのか。それとも下の毛ナチュラリストとして世界の先端に立つのか。どちらにしても、今のところは「頼むから、日本人女性のみなさん、処理しようよ!」の気持ちだ。
Top image: © iStock.com/PeopleImages
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
いま、フランスの女性たちが自分の脇やスネ毛など、体毛を剃っていない写真をTwitterに次々と投稿し、ちょっとした社会現象となっています。体毛未処理はあり...
付き合うと「彼色に染まる」女の子もいるようですが、恋する乙女のような夢中さにとどまらず、自らのヘアアレンジをアートに染めてしまった女性を紹介します。芸術鑑...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
自宅でできるレザーシューズのお手入れ方法とは?せっかく高価な靴を手に入れても、ケアを怠れば靴の寿命を縮めてしまうことに。 紳士淑女たるもの、日々の正しいお...
その独特のカラフルさで夢中になる人が続出した、海外限定の「ユニコーンフラペチーノ」。数日間だけのメニューだったのにも関わらず、爆発的な人気だったのだとか。...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
『髪とアタシ』は、ミネシンゴさんと奥さんの三根かよこさんの二人による夫婦出版社「アタシ社」から出版されています。流行の髪型だけを取り上げる美容雑誌ではあり...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...
イギリスでマッサージ師をやっているHitesh PatelさんのFacebook投稿が話題となりました。カッサ療法で行った美容師さんの背中が、均等に血行が...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。しかし、今ではそん...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...