「体毛は個人の自由!」ムダ毛を剃らない写真をTwitterに次々投稿するフランス女性たち

いま、フランスの女性たちが自分の脇やスネ毛など、体毛を剃っていない写真をTwitterに次々と投稿し、ちょっとした社会現象となっています。

体毛未処理はありかなしか?の論争にまで拡大しつつある、この一連のムーブメント。発起人は16歳の少女による、こんなつぶやきでした。

体毛に負い目を感じないで!
#LesPrincessesOntDesPoils
「お嬢様は毛がおあり」

女性が剃毛しない自由について活発に言及しあうこのハッシュタグ「#LesPrincessesOntDesPoils(お嬢様は毛がおあり)」が、最初に投稿されたのは2016年7月12日のこと。投稿者は16歳のAdèle Laboさん。彼女は、「体毛をそのままにしておくことは、アブノーマルなことなんかじゃない」というメッセージを、自らの脇の毛を写した写真とともに、“剃らない”写真のシェアを呼びかけました。

じつはAdèleさん、ムダ毛の処理をめぐり「とっても心を痛めたばかり」なんだとか。「The Guardian」が伝える情報によると、学校で体毛を剃ることを拒んだところ、クラスメイトから嘲笑され、いじめにもあったそう。

「体毛に関して目に見えない大きな社会的プレッシャーがあるように感じるんです。私は社会が女性に負い目を感じさせている原因だと思う」

と、投稿のきっかけを語った彼女。

体毛は個人の自由!
リアクション2万5,000件越え

このAdèleさんのアクションに対し、「体毛は個人の自由」だと賛同する女性たちが急増。わずか1週間あまりでじつに2万5,000件を超えるリアクションが寄せられ、ハッシュタグ#LesPrincessesOntDesPoilsは、一時フランスのトレンドワードランキングの1位になるまでに。

「自分の体は自分が決めること」

「素晴らしいハッシュタグ!」

「私も微力ながら参加します」

Adèleさんの行動に触発された女性たちの体毛写真がズラリ。

「賞賛」「嫌悪感」
賛否両論の声

16歳の少女のイニシアチブを賞賛する多くの声や賛同者が登場する半面、当然ながら、否定的な意見や嫌悪感を口にする人々も。

「何なの、この気持ち悪いハッシュタグは?」、「見ているだけで気分が悪くなる」なかには、彼女を単に「急進的なフェミニスト」だと揶揄する意見も。そもそも体毛の処理を女性にだけ求めるのはどういうことか?といった処理をめぐる賛否にまで、いま議論は拡大しています。

彼らの矢面に立たされることになったAdèleさん。自分の体毛をどうするか、「それは自分自身が決めればいいこと」という訴えを今後も続けていくつもりだそう。

ムダ毛の処理はエチケット?

さて、2005年に実施されたヨーク大学の調査によると、イギリス人の約99%の女性が脇の下、足、陰部、眉毛などの体毛を剃ると回答。これに対し3,316人の女性を対象にした最新の調査(2013年に実施されたもの)では、ムダ毛処理する女性の数は約84%にまで減少していた事実を「Mashable」は、二つの数字をもとに比較しています。

ムダ毛の処理はエチケットだという捉え方と剃らない自由。結局は個人の問題というところに落ち着くんでしょうが、いまフランスは体毛をめぐって意見が二分しているみたいですよ。

Licensed material used with permission by @MeckeyL
わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。しかし、今ではそん...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
いま、日本の一部のTwitterユーザーが「#KimOhNo」というハッシュタグをつけて、自分が着ていたり持っていたりする着物の写真を投稿しています。中に...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。