「体毛は個人の自由!」ムダ毛を剃らない写真をTwitterに次々投稿するフランス女性たち

いま、フランスの女性たちが自分の脇やスネ毛など、体毛を剃っていない写真をTwitterに次々と投稿し、ちょっとした社会現象となっています。

体毛未処理はありかなしか?の論争にまで拡大しつつある、この一連のムーブメント。発起人は16歳の少女による、こんなつぶやきでした。

体毛に負い目を感じないで!
#LesPrincessesOntDesPoils
「お嬢様は毛がおあり」

女性が剃毛しない自由について活発に言及しあうこのハッシュタグ「#LesPrincessesOntDesPoils(お嬢様は毛がおあり)」が、最初に投稿されたのは2016年7月12日のこと。投稿者は16歳のAdèle Laboさん。彼女は、「体毛をそのままにしておくことは、アブノーマルなことなんかじゃない」というメッセージを、自らの脇の毛を写した写真とともに、“剃らない”写真のシェアを呼びかけました。

じつはAdèleさん、ムダ毛の処理をめぐり「とっても心を痛めたばかり」なんだとか。「The Guardian」が伝える情報によると、学校で体毛を剃ることを拒んだところ、クラスメイトから嘲笑され、いじめにもあったそう。

「体毛に関して目に見えない大きな社会的プレッシャーがあるように感じるんです。私は社会が女性に負い目を感じさせている原因だと思う」

と、投稿のきっかけを語った彼女。

体毛は個人の自由!
リアクション2万5,000件越え

このAdèleさんのアクションに対し、「体毛は個人の自由」だと賛同する女性たちが急増。わずか1週間あまりでじつに2万5,000件を超えるリアクションが寄せられ、ハッシュタグ#LesPrincessesOntDesPoilsは、一時フランスのトレンドワードランキングの1位になるまでに。

「自分の体は自分が決めること」

「素晴らしいハッシュタグ!」

「私も微力ながら参加します」

Adèleさんの行動に触発された女性たちの体毛写真がズラリ。

「賞賛」「嫌悪感」
賛否両論の声

16歳の少女のイニシアチブを賞賛する多くの声や賛同者が登場する半面、当然ながら、否定的な意見や嫌悪感を口にする人々も。

「何なの、この気持ち悪いハッシュタグは?」、「見ているだけで気分が悪くなる」なかには、彼女を単に「急進的なフェミニスト」だと揶揄する意見も。そもそも体毛の処理を女性にだけ求めるのはどういうことか?といった処理をめぐる賛否にまで、いま議論は拡大しています。

彼らの矢面に立たされることになったAdèleさん。自分の体毛をどうするか、「それは自分自身が決めればいいこと」という訴えを今後も続けていくつもりだそう。

ムダ毛の処理はエチケット?

さて、2005年に実施されたヨーク大学の調査によると、イギリス人の約99%の女性が脇の下、足、陰部、眉毛などの体毛を剃ると回答。これに対し3,316人の女性を対象にした最新の調査(2013年に実施されたもの)では、ムダ毛処理する女性の数は約84%にまで減少していた事実を「Mashable」は、二つの数字をもとに比較しています。

ムダ毛の処理はエチケットだという捉え方と剃らない自由。結局は個人の問題というところに落ち着くんでしょうが、いまフランスは体毛をめぐって意見が二分しているみたいですよ。

Licensed material used with permission by @MeckeyL

関連する記事

わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
2021年1月1日に「スタジオジブリ」の公式Twitterが開設された。最初の投稿は、宮崎監督による描き下ろしイラスト付きの新年の挨拶だった。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
フランス南部サント・マリー・ラ・メールのビーチでトップレスで日光浴を楽しんでいた女性グループに対し、訪れていた家族連れからの苦情を受け、警官が服を着るよう...
なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。しかし、今ではそん...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...