ニューヨーク市街に「2020年に別れを告げるツイート」が出現中

2020年も、いよいよ終わり。

普段なら大きな盛り上がるをみせるニューヨークの「タイムズスクエア」のカウントダウンイベントも今年はオンラインでおこなわれることが発表されたが、現在、そんなニューヨークに「2020年に別れを告げるツイート」が多数出現している。

© Twitter/Twitter

たくさんの電光掲示板や壁面広告に写されているのは「2021年の掟その1。2020年のことは話さないこと」「2019年の次は2021年、今年のことは何も知らない」といったものから「2021年の予告編をみるまで、私はいかないよ」などのウィットに富んだツイートの数々。

なかには、最近Twitterで注目を集めている歌手ディオンヌ・ワーウィックによる「2021年にその愚かなものを持ち込まないでください」とのツイートも掲げられているようだ。

暗い話題が多かった今年は、ユニークで洒落の効いたツイートに助けてもらった人も少なくないはず。

決していいことばかりではなかった2020年だが、年の瀬はやっぱりこうして笑って過ごしたいものだ。

© Twitter/Twitter
© Twitter/Twitter
© Twitter/Twitter
Top image: © Noam Galai/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事