さようなら、全てのフタ止めシール──。「カップヌードル」公式の急なツイートに大騒ぎ

突然の出来事は先週6月3日(木)11:30のことだった。

「日清食品」を代表する商品、あの「カップヌードル」の公式Twitterが、説明もなくポストしたのは次の内容。

© カップヌードル / Twitter

フタ止めシールとは、お湯を注いだあとの3分間しっかりフタを止めておいてくれるあのカップの底についた便利なシールのこと。お世話になった人も多くいるだろう。

よもやの廃止!?のツイートにはすぐにこのようなリプライが……。

・待ってくれ・・・消えないでくれぇぇぇ!(´;ω;`)
・えー(b_d)無くなるの?困る(;・д・)
・いやいやいやめっちゃ困ります
・えっ!あれ、めっちゃ便利なのに!なんで?なくなる意味がわからん!残して!ねぇ!残してよ!
・アンタ、オイラを見捨てるって言うのかい?
・えっ…!?今でも重宝してるのに…!!
・嘘だと言ってよ日清!!
・時代の流れ…お世話になりました。
・これまでの全てのフタ止めに感謝。

と、嘆きの声が数多く集まった。その一方でこんな声も。

・なんだってー。もしや素晴らしい代替え案が!!
・新しい革新的なイノベーションが起こるのかww
・環境への負荷の低減のためでしょ

一部のファンは、何かを察した様子で各々の予想をコメント。

そして翌日、4日(金)11:00、公式Twitterは予告どおりに新たな発表をポスト。

© カップヌードル / Twitter

発売から半世紀の50周年を迎えた「カップヌードル」は、開け口2つのWタブにして、シールがなしでもしっかりフタ止めができるように進化。

うむ……。

先週、SNS上で大きな話題を呼んだポストの結末は、“にゃん”とも斬新(?)な改革の発表で着地したってところか。

Top image: © simpletun/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事