投票率アップのために、米民間企業がユニークなサービスを提供

日本ではあまり知られていないけど、アメリカではUberと必ず引き合いに出されるほど有名なLyft。スポーツ観戦の際に予約したシートに一番近いゲートに送ってくれるなど、ユニークなサービスを提供していることから、Lyft派という人も少なくありません。

8月23日に彼らが発表したサービスも、とても斬新でユニークでした。

その内容とは「11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く際は、乗車料金半額!」というもの。これは投票に行かない理由として、交通の便の悪さをあげる人がたくさんいるからだそう。なるほど。

日本に直接関係があるわけじゃないけど、民間企業が投票率を上げるためのサービスをはじめるのはおもしろい。公共交通機関でも同じような取り組みができそうですよね。さて、肝心の投票率アップなるか?

Top image: © TABI LABO
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
ユニークな福利厚生の紹介です。
「Daily Harvest」の特長は、味はもちろん見た目にまでこだわっているところ。彼らの製品は、オシャレなカフェで提供されてそうなくらいのレベルなんです。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
Google傘下の「Waze」が、10月10日、アメリカで「Waze Carpool」が利用できるようになったと発表しました。
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...