投票率アップのために、米民間企業がユニークなサービスを提供

日本ではあまり知られていないけど、アメリカではUberと必ず引き合いに出されるほど有名なLyft。スポーツ観戦の際に予約したシートに一番近いゲートに送ってくれるなど、ユニークなサービスを提供していることから、Lyft派という人も少なくありません。

8月23日に彼らが発表したサービスも、とても斬新でユニークでした。

その内容とは「11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く際は、乗車料金半額!」というもの。これは投票に行かない理由として、交通の便の悪さをあげる人がたくさんいるからだそう。なるほど。

日本に直接関係があるわけじゃないけど、民間企業が投票率を上げるためのサービスをはじめるのはおもしろい。公共交通機関でも同じような取り組みができそうですよね。さて、肝心の投票率アップなるか?

Top image: © TABI LABO
他の記事を見る
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
H&Mは1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、タクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
ユニークな福利厚生の紹介です。
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
「Daily Harvest」の特長は、味はもちろん見た目にまでこだわっているところ。彼らの製品は、オシャレなカフェで提供されてそうなくらいのレベルなんです。
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
本当にタダなの?と疑問が浮かびますが、「カリクル」と提携している企業の協賛費や広告費でサービスを提供しているから、無料レンタルが実現できているそう。
Google傘下の「Waze」が、10月10日、アメリカで「Waze Carpool」が利用できるようになったと発表しました。
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
オンライン上で試着できるサービス「Kimakuri」が、体験版の提供を開始。自分の情報を登録したアバターを利用して、1秒で試着可能です。
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...