投票率アップのために、米民間企業がユニークなサービスを提供

日本ではあまり知られていないけど、アメリカではUberと必ず引き合いに出されるほど有名なLyft。スポーツ観戦の際に予約したシートに一番近いゲートに送ってくれるなど、ユニークなサービスを提供していることから、Lyft派という人も少なくありません。

8月23日に彼らが発表したサービスも、とても斬新でユニークでした。

その内容とは「11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く際は、乗車料金半額!」というもの。これは投票に行かない理由として、交通の便の悪さをあげる人がたくさんいるからだそう。なるほど。

日本に直接関係があるわけじゃないけど、民間企業が投票率を上げるためのサービスをはじめるのはおもしろい。公共交通機関でも同じような取り組みができそうですよね。さて、肝心の投票率アップなるか?

Top image: © TABI LABO

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」で世界の“今”を知ろう!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
WalmartはGoogleのWaymoと組んで、自動運転車によるお客さんの送迎サービスを始めました。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
アメリカで広がる大麻合法化の流れをうけて、前回はその税金の使われ方やテクノロジー業界の大麻ビジネスについて紹介した。今回は、急増する大麻サービスに触れつつ...
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
ニューヨークの日本人街であるイーストビレッジにお店を構える「mochii」は、大福の生地で包んだアイスを提供しています。
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...