治安、気候、景色よし。夜遊ぶのに最高!な国といえば…

アジアとヨーロッパの文化が絶妙に入り混じった熱気に、想像のナナメ上を行く最先端の観光資源。シンガポールの魅力はさまざまあれど、じつはとっても魅力的な「夜の顔」を持っているって知っていましたか?

どう魅力的かは、こちらのビジュアルを見てもらえれば伝わるはず!

近未来気分に浸る
「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

まるでSFの世界に迷い込んだかのような雰囲気を味わえる話題の超巨大植物園は、日没直前のトワイライトタイムを狙って訪れるのがオススメ。スーパーツリーをつなぐ高さ約50mの回遊路「OCBCスカイウェイ」から見る夕焼けは絶品です。日がくれた後は、壮大な光のショー、「OCBCガーデン・ラプソディ」をチェックしてみてくださいね。

あの「マリーナ・ベイ・サンズ」も
光の舞台に

もうひとつ、シンガポールの顔的存在と言えば、まるで巨大な宇宙船がビルに乗っているかのような建築が目を惹く「マリーナ・ベイ・サンズ」。もちろん、そこに登ってみるのも楽しいのですが、せっかくの夜景を楽しむならちょっと離れた場所からがオススメ。

特に、マリーナ・ベイ・サンズをバックに繰り広げられる、水の粒子をスクリーンにしたショー「ワンダー・フル」は必見です。対岸のマーライオン・パークから見ると、聳え立つマリーナ・ベイ・サンズからほとばしるレーザー光線が大迫力!

 

毎年3月に開催される「アイ・ライト・マリーナベイ」では、マリーナ地区全体が「歩いて楽しむ光のアート作品」へと変貌するのも見ものです。

ディナーのあとの一杯も、
選択肢は無限に!

マリーナベイ・ファイナンシャルセンターの33階、世界最高所にあるブリュワリーとして名高い「レベル33」は、マリーナを一望しながらいい気分で酔えるスポット。もちろん「ワンダー・フル」も堪能できますが、人気なのでテラス席は予約できたらラッキーかも?

 

「ザ・夜遊び」な雰囲気を存分に味わうなら、テロック・アヤー駅にある「サン・イー・タイ」がオススメ。80年代の香港をイメージした怪しげなバーでは、まるで香港映画の中に入り込んだような気分に。

 

もうちょっとローカルな雰囲気を楽しみたい、という人にオススメなのがクラーク・キーエリア。シンガポールリバー沿いに各種レストランやバーが所狭しと立ち並び、夜には仕事帰りのビジネスマン(と言っても、カジュアルなファッションの人ばかり)が陽気に盛り上がっています。

 

もっともっとディープな雰囲気を楽しみたければ、ラ・オ・パサの「サテー・ストリート」を覗いてみましょう。サテーとは、マレー伝統の焼き鳥。夜にだけ出現するサテー・ストリートには香ばしい香りが充満し、嫌が応でも食欲をそそります。10本7SGD(シンガポールドル)程度の甘辛いサテーは、よく冷えたタイガービール(シンガポールのビール)と相性抜群!!

 

ラ・オ・パサのホーカーセンター(屋台村)には24時間やっているお店もいくつかあります。遊び疲れてお腹が空いたら、ここでしか味わえないローカルフードで小腹を満たしましょう!

探検気分満載の
「ナイト・サファリ」

ここは世界初、夜行性動物を観察するための動物園。さまざまな動物が野生に近い状態で見られます。大きなトラムに乗って解説付きで園内を巡るのも楽しいですが、ぜひ歩いて回るコースにチャレンジしてみてください。本当に周りが暗いので、サファリ探検のドキドキ感がさらにアップ!

ファイヤーダンスなど、ショーの類も充実してますよ。

「シンガポール・フライヤー」は、
夜の空中散歩が最高

じつは建設したのは日本人建築家の故・黒川紀章氏。その高さ世界2位(すこーし前まで世界一だったのですが…)の「シンガポールフライヤー」は、お酒を飲みながら空中散歩を楽しめる特別なプログラム、「シンガポールスリング・フライト」を楽しみたいところ。

ネーミングからお察しの通り、シンガポール生まれのカクテル「シンガポール・スリング」を片手に1周30分のロマンチックな時間を体験できます。

多民族国家・シンガポールならではの
お楽しみは他にもたくさん

ここまでも色々と魅惑的な夜のシンガポールをご紹介してきましたが、他にもお楽しみはまだまだありますよ。

シンガポールは中国系、マレー系、インド系、など様々な人種が集う多民族国家。そのため、年がら年中、国のどこかで特別なお祭りが行われており、どのお祭りでもまばゆくライトアップされた街並みが印象的なんです。

 

旧正月(2月)@チャイナタウン

人口が一番多い中国系のお祭りと言えば、チャイニーズ・ニューイヤー。いわゆる1月1日の新年よりも重要なイベントだけに、チャイナタウンの盛り上がりは半端じゃありません。この時ばかりは仕事は全員お休みなので、昼間の街は逆にがらーんとするのも面白いところ。

 

また、人種に関係なく盛り上がる「チンゲイ(衣装と仮装の芸術)パレード」は、アジア最大級のパレードとあって圧巻の迫力です!

 

ハリ・ラヤ・プアサ(今年は6月25日

マレー系の人々にとって、厳しいラマダン(断食)が終わったときのお祝いがこの「ハリ・ラヤ・プアサ」。彼らにとって一年でいちばんおめでたい日だけに、ゲイラン・セライは綺麗にライトアップされて盛り上がっていますよ。

 

独立記念日(8月)

毎年8月9日は、シンガポールの独立記念日。この日はマリーナ地区でド派手な花火が打ち上がり、まるでオリンピックの開会式のような大掛かりなパフォーマンスが繰り広げられるのです。

 

F1シンガポールGP(9月)

ナイトレースで、しかも街中を走るシンガポールGPは、トップドライバーにとっても難易度の高いコース。レース本番は爆音が街中に響き渡ります。唸りを上げるモンスターマシンのド迫力は一見の価値あり。近くで観る場合は耳栓必須です。

サーキット・パーク内では、今をときめくアーティスト達のコンサートも開催。夜中まで熱くなれますよ!

 

ディパバリ(10月)@リトルインディア

ディパバリはヒンズー教のお正月。この期間中は、インド系の人々が集うリトルインディアでライトアップが行われます。1年の間に、何度もお正月気分が味わえるのがシンガポールのいいところですね!

 

ズークアウト(12月)@セントーサ島

こちらは、ガラリと雰囲気が変わって、イマドキのビーチフェス。島全体がテーマパークのようになっているセントーサ島で開催されます。テンションを上げて、夜通し踊りまくりましょう!

 

クリスマスライトアップ(12月)@オーチャード

クリスマスでも気温は30℃、ちょっと不思議な感じです。シンガポールにおける銀座のような存在・オーチャードロードには巨大なツリーが随分早い時期(11月頭ごろ)からお目見え。タングリン・モールでは雪に見立てた泡を撒いたりして、南国ならではのクリスマスを楽しみます。

フライトまでのスキマ時間に
24hスーパー「ムスタファ」

たっぷり楽しんで、いよいよ帰国という時。シンガポールからは深夜便を利用する人も多く、フライトまでの中途半端な時間をなんとなく空港で潰してしまいがち。それならその時間を利用してぜひとも寄っておきたいのが、リトル・インディアにある24時間営業のスーパー、「ムスタファ」です。

そこは、とにかくカオスな異国空間。通路の左右の棚を埋め尽くす、本場のスパイスや格安のアーユルヴェーダ石鹸や化粧品など、バラマキ土産を賢く手に入れることができますよ!

常夏だけど、夜は涼しく過ごしやすい。比較的治安もいいし交通の便も整っているから、思い切って夜までみっちり遊んで、シンガポールの滞在をより濃厚なものにしてみるのはいかがでしょう?

他の記事を見る
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
って、言うほど高いところでもないんですけどね。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
トラベルグッズ専門のストア〈Flight 001(フライトワン)〉から発売されている変換アダプターがカワイイ! 4つのプラグと1つのアダプタがセットになっ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...