知るだけでも面白い! 達人が教える、モロッコ旅行で気をつけるべき「8つのコト」

近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、とても魅力的な国ですが、異文化だけに注意したいこともあります。

ここではモロッコ経験者が語る、気をつけるべきコトをまとめました。単純に知識としても、意外なこともあって「フムフム」となるはず。

01.
じつは、
日本円が結構使えます

「街には両替所がたくさんあり、日本円から直接ディルハムに両替可。スークの店も『カードはダメだけど、日本円はOK』というところもあり、日本円を出すとお店の人が走ってレートを見にいくことも(笑)」(Hassane/Coordinator)

02.
サボテンの実は
食べ物です

Photo by Dan Imai

「夏にモロッコに行くと、キウイフルーツぐらいの大きさでトゲトゲした果物のようなものが屋台で売られているのを目にします。じつはこれ、サボテンの実で、食べられるんです」(Abdel/Coordinator)

03.
乾燥とホコリがすごいので
マスク持参で

「モロッコは乾燥とホコリがキツイ! 特にツライのはバス移動時。マスクをもっていくと喉がかなりラクなはずです」(Haramaki/World Traveler)

04.
未婚の男女は、
同じ部屋に泊まれないことも!?

「どちらか一人でもモロッコ国籍の場合、未婚男女は基本的同室での宿泊がNGです。外国人旅行者であればほぼ問題ないのですが、建前上NGとしている宿もあるので、事前に確認するのがベターです」(Abdel/Coordinator)

05.
イスラム教国だけど、
お酒は飲めます(割高で……)

「ただし、主に外国人向けのホテルに限られています。ホテルのバーは宿泊しなくても利用できるところが多いです。ホテルのミニバーにもお酒はありますが、基本的にNGの国なので、割高だと覚悟してください」(Dan Imai/Photographer)

06.
長距離移動でも
タクシーが効率的

Photo by Dan Imai

「モロッコでは長距離移動もタクシーが一般的。国内線代わり、ぐらいの感覚で上手に利用しましょう。事実、カサブランカからマラケシュの値段は、飛行機もタクシーもそんなに変わりません」(Dan Imai/Photographer)

07.
気候の違いには注意を!

「超、がつくほど暑い砂漠や内陸部と、夏でも肌寒い山岳エリア。私は標高の高いシェフシャウエンでガッツリ体を壊しました。ちなみに宿まで医者が来てくれて、診察料と薬代で約7,500円の出費でした」 (Dan Imai/Photographer)

08.
外国人であっても
王宮批判はご法度

Photo by Dan Imai

「モロッコは王国。今の国王はムハンマド6世といい、伝説的なカリスマだったハッサン2世の後継者です。この国ではいかなる理由があろうとも彼らの批判はNG。外国人だって同じです」(Hassane/Coordinator)


そのほかのモロッコの記事はコチラ

Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
木造注文住宅を手がける「アキュラホーム」が期間限定で販売をはじめた「地球と家計にやさしい家」は、ウイルス対策を標準化した“新しい生活様式の家”だ。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
マッサージ+ストレッチ+運動、3つの機能をすべてひとつにしたマッサージアイテム「バランスアップ」が、年末年始にたまった身体をコリを吹き飛ばす!?
特別秀でたモノはない。けれど、歩を進める度に、このホテルの内観は多様で心地いい表情を持っていることに気づかされる。異国の地で抱く冒険心をくすぐってくれるモ...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
今春、海外旅行向けヘアケアブランド「GLOBAL TRAVEL」が新たに誕生。「世界のどこでも、美しい髪へ」をテーマに、旅行中の髪の悩みに寄り添った商品を...
Jamieさんは、モロッコまで飛び、「Anfa riders」というカサブランカのモーターギャングの日常を、動画におさめました。
台湾を代表する映画監督、ツァイ・ミンリャンが手がけ、ヴェネチア国際映画祭で発表&絶賛された『蘭若寺の住人』が、東京・六本木の「ANB Tokyo」にて期間...
「バーガーキング」は今年から、すでに支援していた男子チームと同じ条件、同じレベルで「スティーブニッジFCウィメンズ」も後押しすることを決定。手始めに「バー...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
旅行ガイドブック『Lonely Planet』が「究極の旅行先ランキング」を発表した。今回はサステイナビリティの項目を新たに追加し、500の旅行先をピック...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
今月、「シンガポール政府観光局」は家庭でシンガポールを楽しめる「オンラインキャンペーン」をスタート。第1弾は「食」、第2弾は「アート」、第3弾は「ショッピ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...