グルメから夜景まで満喫できる韓国“ラクチン”旅行

これまで海外旅行にいったことのない人やビギナーにおすすめの国、韓国。東京から2時間半ほどのフライトで、異国のグルメやファッション、歴史、文化がサクっと楽しめちゃう人気エリアだけに、雑誌やウェブでもたくさん特集されているけど、「結局、どこにいったらいいの?」って迷ってる人も多いはず。そんな人にオススメしたい、とっておきのスポットと気軽に楽しむ方法……教えちゃいます。

本場でしか味わえない
刺激的&レアな一皿

韓国旅行の代表的な楽しみ方のひとつといえば、やっぱりグルメは外せないでしょう。

ビビンバにサムゲタン、プルコギ、スンドゥブなど、今ではすっかり日本でもお馴染みとなった料理の数々も、本場の空気や雰囲気と一緒にいただけば、一味も二味も違うおいしさと感動を味わえること間違いなしです。

肉派のあなたにぜひ食べてもらいたいのが、韓国の若者に人気の「タッカルビ」。鶏肉と野菜を炒め、コチュジャンで甘辛に仕上げた一皿は、ごはんのお供としてはもちろん、お酒のつまみとしても最適です。

ちなみに「タッカルビ」は、ソウルの至るところで食べられますが、せっかくなのでオススメしたいのが、「春川(チュンチョン)」まで足を伸ばしてみるというプラン。

この銀杏並木......見覚えある人はいますか?

そう、日本で韓流ドラマブームを巻き起こすキッカケとなった、あの人気ドラマの舞台になったことで一躍有名になった場所が「春川」で、じつはここが「タッカルビ」の発祥の地と言われているんです。

10月頃には見事な紅葉を見せてくれるロマンチックな雰囲気を堪能しつつ、まさに「本場でしか味わえない」グルメを食す!

お腹も心も満たしてくれる、素敵な時間はいかがですか?

韓国料理は肉だけでなく、海鮮系も“隠れた名物”として人気です。

なかでもカニを使った料理が人気で、1月~3月の限られた期間しか楽しむことのできないモクズガニの醤油漬け「チャムケジャン」や、際限なくごはんがすすむことから韓国語で「ごはん泥棒」と呼ばれる「カンジャンケジャン」は、日本ではなかなかお目にかかれない珍しい一皿。

ちなみに、海鮮の「本場」に行くなら、ソウルから車で2時間ほどのところにある「江華島(カンファ)」がオススメ。海をバックに絶品カニ料理を味わいつつ、多くの歴史的な名所もあるので観光も楽しめますよ。

地元の人に愛される
レトロでかわいい街並み

©画像提供・協力:韓国観光公社

メインストリートが賑やかな「仁寺洞(インサドン)」

©画像提供・協力:韓国観光公社

レトロな街並みが楽しめる「三清洞(サムチョンドン)」

「最新の観光スポット巡りもいいけど、まずは“韓国らしい場所”をみてみたい」という人には「仁寺洞(インサドン)」や「三清洞(サムチョンドン)」がピッタリです。

「仁寺洞」は、古美術や陶磁器を扱うお店をはじめ、古い韓国式の建物(韓屋:ハノッ)をリノベーションしたお洒落なカフェやショップなどが立ち並ぶ、ソウルきっての文化都市。一方「三清洞」は、細い路地にかわいらしい建物がギュッと詰まった地元の人たちの憩いの散歩コースとなっており、穏やかな韓国の風景を堪能できるスポットです。

街歩きを堪能したら、気になるカフェでお茶を楽しんで、東京にはない個性的なお店でお土産を探す……。とにかくぶらぶら、散策が楽しいエリアですよ。

地上480メートルから眺める
大都市・ソウルの夜景に感動

アジアで「夜景がきれいなところ」といえば香港やシンガポールが有名ですが、韓国にも最高の夜景が堪能できるスポットがたくさんあるのを知っていますか?

なかでも、地元の人たちの間でデートスポットとして人気の「Nソウルタワー」から眺める夜景は「絶景」そのもの。

標高243メートルの「南山(ナムサン)」の頂上に立つタワーの高さは236メートル……つまり、地上から479メートルという高さからアジア最大級の都市・ソウルを見下ろすことができるんです。

ちなみに、東京タワーの特別展望台の高さは海抜250メートル。その約2倍の高さから眺める夜景を想像したら……ほら、ワクワクしてきませんか?

きっとそのきらびやかな夜景は、韓国旅行の素敵な思い出として記憶に刻まれることでしょう。

「韓国にいきたい!」
そんな海外旅行ビギナーには......

海外旅行&韓国旅行ビギナーにこそオススメしたいメニューとスポットはいかがでしたか?

じつはこれ、JTBが提案する観光プラン「アジアンオリジナルバス」ですべて体験できる内容なんです。

慣れない旅行先でも、おいしく楽しく感動的で、さらに安心&安全にスポットを回れるので、サクッと気軽なショートトリップにもってこい!

なかには、食事もついて通常10,000円相当の価値がある内容が2,000円で楽しめるというお得な観光プランがあるのも嬉しい限り。上で紹介した春川でタッカルビを楽しむプラン「ナミソムちゃん」や、江華島でチャムケジャンが味わえる「カンファ君」がまさにそれ! 

「アジアンオリジナルバス」って、とってもお得なんですね。

もちろん「フリープランで楽しみたい!」という人にも、いろいろなコースが用意されていますよ。

グルメ、流行、歴史に文化......自由な楽しみ方で韓国を満喫してみてはいかがですか?

韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
半年間だけ韓国のソウルに住んでいた。日本に似ているんだけど、やっぱり外国なんだなって思うことがしばしば。ふと目に入った不気味な路地裏やなんとも言えない怪し...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...