意外と便利!?韓国の根っこみたいなベンチ

日本人が多く住んでいるエリアとして知られているソウルの二村洞(イチョンドン)にある、根っこのようなベンチ。

公園に飾られるアート作品ってわけではなく、より多くの人が快適に過ごせるようにデザインされたものです。

子どもと大人がイスとして座ることを考えて、“根っこ”の盛り上がっている部分の高さがそれぞれ異なります。また、ピクニックなどで来た人のためのテーブルとしても使えたり。

長さや幅がすべてビミョーに違うから、自分のお気に入りの場所を探す楽しみも生まれそうですね。

©Kyungsub Shin
©Kyungsub Shin
©Kyungsub Shin
©Kyungsub Shin
©Kyungsub Shin
Top image: © Kyungsub Shin
他の記事を見る
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
韓国・仁川(インチョン)にあるカフェ「LAS Coffee」の紹介です。デザインのベースになっているのはコンクリートですが、もともと古民家だったことを生か...