サムギョプサル、マッコリ、チヂミ、ソジュ、トッポギ、ビール……。

海外でも国内でも、旅先で写真に収めるものと言えば、観光地の名所旧跡、あるいは風景。もちろん、土地に根付いた食べものも。ですが、後から振り返ってみると、「食」はなぜかスマホに収まってることのほうが多かったりしません?

「これ、おいしかったよー」なんて具合に、その場でSNS投稿しやすいっていうのもあるのかな。

さて、そんな旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを紹介したコンテンツがこちら。アムステルダムのイラストレーターCoenは、ソウルの夜が大好きだとかで。

食べたり飲んだり、そしてインスピレーションを得て。そんなCoenが描くソウルは、私たちの知るそれとほとんど同じでしょ?

食べて、飲んで、また食べて。
ソウルの夜の楽しみかた

© 2018 Coen Pohl

まずは、やっぱり焼肉から。

© 2018 Coen Pohl

チヂミもソウルフード。
ペアリングはマッコリ。

© 2018 Coen Pohl

かーらーのお酒ならば、やっぱりソジュ!

© 2018 Coen Pohl

どんちゃん騒ぎでグラスは危ないから缶ビールね。

© 2018 Coen Pohl

トッポギがしみる〜ぅ。二日酔いに効く気がするし。

© 2018 Coen Pohl

深夜の肉まんは、背徳的うまさでしかない。

© 2018 Coen Pohl

韓国にもあるんです、たい焼き。呼び名は「ふな焼き」だけどね。

© 2018 Coen Pohl

そして夜は更けていく。

© 2018 Coen Pohl

ネカフェで始発を待ちますか。

Top photo: © 2018 Coen Pohl
Licensed material used with permission by Coen Pohl
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
7月4日から配信されるNetflixオリジナル・シリーズ『ストレンジャー・シングス』シーズン3。そのプロモーションの一環として、ソウルでは脱出ゲームを体験...
日本人が多く住んでいるエリアとして知られている韓国・ソウルの二村洞(イチョンドン)にある、根っこのようなベンチ。意外と便利そうなんです。
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...
半年間だけ韓国のソウルに住んでいた。日本に似ているんだけど、やっぱり外国なんだなって思うことがしばしば。ふと目に入った不気味な路地裏やなんとも言えない怪し...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
「ミズノ」は、同社史上最高の反感性を実現したシューズ用ソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発。接地時のエネルギーをため、それをできる限り逃さないこ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
韓国のソウルで生まれて、オレゴン州のユージーンで育ち、フィラデルフィアを拠点に活動しているミシェル・ザウナーが、自身のミュージックプロジェクトに「Japa...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...