サムギョプサル、マッコリ、チヂミ、ソジュ、トッポギ、ビール……。

海外でも国内でも、旅先で写真に収めるものと言えば、観光地の名所旧跡、あるいは風景。もちろん、土地に根付いた食べものも。ですが、後から振り返ってみると、「食」はなぜかスマホに収まってることのほうが多かったりしません?

「これ、おいしかったよー」なんて具合に、その場でSNS投稿しやすいっていうのもあるのかな。

さて、そんな旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを紹介したコンテンツがこちら。アムステルダムのイラストレーターCoenは、ソウルの夜が大好きだとかで。

食べたり飲んだり、そしてインスピレーションを得て。そんなCoenが描くソウルは、私たちの知るそれとほとんど同じでしょ?

食べて、飲んで、また食べて。
ソウルの夜の楽しみかた

5934620218490880
© 2018 Coen Pohl

まずは、やっぱり焼肉から。

6007728078061568
© 2018 Coen Pohl

チヂミもソウルフード。
ペアリングはマッコリ。

5404707958816768
© 2018 Coen Pohl

かーらーのお酒ならば、やっぱりソジュ!

4761294745894912
© 2018 Coen Pohl

どんちゃん騒ぎでグラスは危ないから缶ビールね。

4811385607290880
© 2018 Coen Pohl

トッポギがしみる〜ぅ。二日酔いに効く気がするし。

4833282424307712
© 2018 Coen Pohl

深夜の肉まんは、背徳的うまさでしかない。

4872383806570496
© 2018 Coen Pohl

韓国にもあるんです、たい焼き。呼び名は「ふな焼き」だけどね。

4854416079323136
© 2018 Coen Pohl

そして夜は更けていく。

5418984161673216
© 2018 Coen Pohl

ネカフェで始発を待ちますか。

Top photo: © 2018 Coen Pohl
Licensed material used with permission by Coen Pohl
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...
半年間だけ韓国のソウルに住んでいた。日本に似ているんだけど、やっぱり外国なんだなって思うことがしばしば。ふと目に入った不気味な路地裏やなんとも言えない怪し...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
冷蔵庫を開けた時に、新ジャガしかない……。ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズにお応えします。★しかない料理のルール①野菜は新ジャガの...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
もともとソウルフードとは、アメリカ南部で黒人奴隷たちが、通常は捨てられる食材をなんとか食べられるように加工した料理のこと。チタリングス(豚のモツ)やハムホ...
1991年に誕生して以来、アジアやアメリカを中心に全世界で1,000店舗以上を展開するフライドチキンブランド「Kyochon(キョチョン)」。そんな韓国フ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...