サムギョプサル、マッコリ、チヂミ、ソジュ、トッポギ、ビール……。

海外でも国内でも、旅先で写真に収めるものと言えば、観光地の名所旧跡、あるいは風景。もちろん、土地に根付いた食べものも。ですが、後から振り返ってみると、「食」はなぜかスマホに収まってることのほうが多かったりしません?

「これ、おいしかったよー」なんて具合に、その場でSNS投稿しやすいっていうのもあるのかな。

さて、そんな旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを紹介したコンテンツがこちら。アムステルダムのイラストレーターCoenは、ソウルの夜が大好きだとかで。

食べたり飲んだり、そしてインスピレーションを得て。そんなCoenが描くソウルは、私たちの知るそれとほとんど同じでしょ?

食べて、飲んで、また食べて。
ソウルの夜の楽しみかた

© 2018 Coen Pohl

まずは、やっぱり焼肉から。

© 2018 Coen Pohl

チヂミもソウルフード。
ペアリングはマッコリ。

© 2018 Coen Pohl

かーらーのお酒ならば、やっぱりソジュ!

© 2018 Coen Pohl

どんちゃん騒ぎでグラスは危ないから缶ビールね。

© 2018 Coen Pohl

トッポギがしみる〜ぅ。二日酔いに効く気がするし。

© 2018 Coen Pohl

深夜の肉まんは、背徳的うまさでしかない。

© 2018 Coen Pohl

韓国にもあるんです、たい焼き。呼び名は「ふな焼き」だけどね。

© 2018 Coen Pohl

そして夜は更けていく。

© 2018 Coen Pohl

ネカフェで始発を待ちますか。

Top photo: © 2018 Coen Pohl
Licensed material used with permission by Coen Pohl
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...