要注目エリア「ウルチロ3街」最新レポート!

明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。元々は印刷所などの多いエリアで、ブルーカラーが集まる飲み屋街だった。ところが、経営破綻により廃墟ビルが増え、今は閑散としている。

そんなところに目をつけたのが次世代を担う若者だ。格安でバーやカフェをオープンできるため、自分たちのやりたいことを好きにやっている。「HIPチロ」と呼ばれるだけあり、めちゃくちゃクールなのだ!

まだ日本ではあまり紹介されていないが、ソウルの最前線はここにある──。

今回は紹介するのは「これから絶対に注目される3軒」だ。

Bar 42(을지로42bar)】

とっても面倒見のいいお姉さんが迎え入れてくたバー。韓国語で話しかけられたけど、僕が日本人だと分かった瞬間に英語に切り替えて、「友だちと私が『銀河ヒッチハイク・ガイド』が好きだから、この名前にしたの」と店名の由来を教えてくれた。あの有名な「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」が「42」だから、ということだ。

ビールを頼んだら、ヤッカとバナナがついてきた。お腹が少し減っていたのでお酒を飲み切るよりも先に食べてしまったら、プレートにまた追加してくれた。決して珍しい行為ではないかもしれないけど、異国の地でこうした体験を受けられることにちょっと感動。

外見のせいで入りにくさがあるけど、店内では彼女の気遣いのおかげで、ずっと喋ることができた。

 

 

【을지싸롱】

『ONE PIECE』のサンジが大好きなチョ・ソクボンさんは、過去にフランスのミシュラン2ツ星レストランで料理人をしていた経験をいかして、同じウルチロエリアでレストラン「Brasserie d' Eulji」を経営していた。今も人気店だけど……そんなレストランを売り払ってでもオープンしたかったというのが、このティーショップ「Eulji Salon」だ。

中国茶をメインに日本茶も楽しめる。趣味の延長線上でやっているようで、棚には自分の陶器コレクションが並んでいる(お店では絶対に使わないらしい)。また、スタバのマグカップや弓道の道具が飾られていて、店内はソクボンさんの好きなものばかり。

お昼から営業しているので、ゆっくりしたい時に行くのもアリ。彼は日本語を勉強中とのことで、日本語で周辺のオススメのお店も教えてくれる点も好印象。

※取材時はプレオープンだったが、現在は本営業中。

 

 

맥주덕후x더랜치브루잉】

数年後には、韓国通の間で「入り口がピンク色の自動販売機といえば、ZAPANGI。赤色はThe Ranch Brewing」と言われているだろう。プレオープン中にもかかわらず、たくさんの人が入っていた。

「正式オープンはいつなの?」という質問には、店員さんが「準備ができたらね。ま、いつかは分からないけど(笑)」と答えてくれた。ユルい。

オススメは、日本ではなかなか食べることのできないデトロイトスタイルのピザ。四角いのが特徴だ。とはいえ、自動販売機が入り口になっているという遊び心の方が目立ってはいるけど……。

※取材時はプレオープンだったが、現在は本営業中。

 

 

もっとウルチロを知りたい!
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
日本人が多く住んでいるエリアとして知られている韓国・ソウルの二村洞(イチョンドン)にある、根っこのようなベンチ。意外と便利そうなんです。
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
7月4日から配信されるNetflixオリジナル・シリーズ『ストレンジャー・シングス』シーズン3。そのプロモーションの一環として、ソウルでは脱出ゲームを体験...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
7⽉1⽇、着るクーラー「REON POCKET」が「ソニー株式会社」から発売された。
旅先の「食」を中心にソウルのナイトライフを並べてみた。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...