ロモカメラ「最初の1台は、簡単で、低価格なコレ」。

フィルムカメラの人気がジワジワと復活してきているみたいですね。ただ、デジカメやスマホのカメラなどに慣れている人のなかには、せっかくフィルムカメラを購入しても使いこなせなかったり、操作に慣れる前に飽きてしまう人も少なくないようです。

わかります。

私もカメラメーカーの社長をやっていますが、フィルムカメラって面倒くさいな〜って思う時もあります。もちろん、それを補って余りある魅力があるんですが、そこに行き着くまでにハードルがあるのも事実です。

そういうわけで、これからフィルムカメラをはじめようという人に私がよくオススメしているのが〈Lomography(ロモグラフィー)〉の「FISHEYE NO.2」です。

ロモグラフィーはオーストリアのカメラブランド。カメラやフィルム、レンズの種類もたくさんあるんですが、どれも他のカメラとはちょっと違う色彩や陰影のある写真を楽しめるのが魅力。一言でいえば、かなり個性派です。

そのなかにあって「FISHEYE NO.2」は、とっても簡単にフィルム撮影が楽しめる一台。

フィルムの装填も簡単だし、ピントがどこにでも合うように設計されているので、とにかく撮りまくってもらえればOK。魚眼写真っていうおもしろさも加わって、デジカメやスマホとは違う体験ができるカメラです。慣れてきたら、多重露光、長時間露光でちょっと幻想的な写真を撮ることも可能です。

価格も1万円アンダー、見た目にもカワイイし、カラーのバリエーションも豊富です。

いきなり高いの買うよりも、まずはこれで遊んでみては?

公式オンラインショップで購入可能です。

星希依子/株式会社ロモジャパン 代表
じつはここで紹介した「FISHEYE」は、私のファーストロモカメラでもあるんです。これに出会わなかったら、こんなにカメラにどっぷりハマってなかったかも!?

Photo by 元家健吾, ※サンプルを除く

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
ヴィレッジヴァンガードオンラインストアでの販売展開が発表された新型カメラ「MF-1」は、70周年を迎えたカメラブランド「YASHICA(ヤシカ)」から生ま...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
なんでも簡単にスマホ一つでできてしまう時代だから、あえてのフィルムカメラ。しかし、ただのフィルムカメラではつまらない。このカメラは3つのレンズを使い3枚の...
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
オーダーメイドのビジネスウェアを得意とする〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉。スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオー...
「リーボック」から今月20日(木)に発売された「DAILYFIT」は、一日中アクティブに動き続けることを可能にするウォーキング用シューズ。
「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
フィルムの現像って、かなり手間がかかるものです。でも、この「LAB-BOX」は、フィルムカメラは持っているけど、自分で現像まではしていないっていう人向けの...
正直、あまり期待せずに、“夏にプールやビーチでスマホ入れに使えそう”と思ってポチッてみたら、これがなかなか。
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
冬にはマイナス20℃にも達するという極寒地域の韓国・ソウル。そんな土地で話題になっているのがあったか銅マスク「StarMASK」。速暖性、抗菌、消臭とイイ...
Bluetoothを活用した電子銘板システム「お守り de お墓参り」は、共同墓でも参拝者に合わせて表示名を変えてくれる。
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
自分の周囲で旅慣れた人が何人かいますが、ことシェーバーに関してはみんながコレを持ってる、〈BRAUN(ブラウン)〉の「M60B」です。