「手を洗えばいいじゃん」は、禁句でお願いします。

いやね、私も思いますよ。「そこまでする?」とか、「除菌シート使えば?」とか。でもそれは、極度の綺麗好きや潔癖症ではないから言えること。

きっと彼らにとって、こんなに使い勝手のいい相棒は他にいないと思うんです。

これでもう、
二度と触らなくていい。

A610741a97734a2fbe6920812a1643490727f45c

Gryp』という、シリコン製の指スリーブ。ここに指を2本(3本でも可)をスッと差し込んだら、もう完璧。日常の触りたくなかったあれやこれ、ストレスとはさようならってワケです!

3db415f8ef69f30910e4156e360496cb6ca3705fDf15c887761743c626c8cf1f75986be3a7132c489fa52174647fa90dfc81385b1ea7b6c1d0d6193c030796cdddaf0d7e46bcf19be3f7b05d8c2820ae

指先は出ているので、スマホは普通に使えます。この気遣いはイイ!って不覚にも思ってしまいました。私だけでしょうか。

64c733ec958f48ad231902a0658a4639410875ef

軽くて小さいから、なくさないように鍵と一緒に持ち歩ける仕様になっています。鍵を使う時には、ドアノブにも触れますし。

F8c23fed37b45a79c7f6fa45005b66e449e6c9f3B618b99d01f269ed5e3b3dad8ff339c621e1057f

1日の汚れが集まったモノ
どこにもしまえないよ?

で、問題はこの『Gryp』を使った後ですよね。1日中、汚い場所を代わりに触ってくれていたのだから、ポッケや鞄にしまうのも……って思う人もいるかもしれません。(いないかもしれません)

汚い面はひっくり返せるので、ご心配なく。

3725ee165b41672a51bb85e51b09902873f8632c

水でもじゃぶじゃぶ洗えます。

Dd6a4e5a1a7c6d6337a8dbdc3563197a9e5d38a8

それならもう手を洗え……とは言わないで!飲み込んでください。

「この相棒使える」って思ったら、こちらから購入可能です。ひとつ300円ほど。お手頃ですよ。

Licensed material used with permission by Gryp Keychain, (Instagram)
「世の中は散らかりすぎている」。そう思っていた潔癖症の方々お待たせいたしました。Things Organized Neatlyは、まさにそんな人たちのため...
Dani Clodeさんが立ち上げたのが『The Third Thumb Project』。小指の奥の新たな指……違和感すぎてクスッと笑ってしまったのだけ...
スゴい!これはタメになる!今、アメリカのハードウェア・チェーン(日本で言うホームセンター)「Lowe’s」が作成したVineアカウントが話題だ!ストップモ...
デザイナー、Katerina Kampraniさんがつくっているのは、使いようのないひねくれた生活用品たち。斬新、だけど要らない。でもキニナル。変なツボを...
創作寿司の可能性って、まだまだありそうですね。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
トイレで「小」をする時、男性は手で大事なトコを触るもの。でも、手のひらには無数の細菌が潜んでいるから要注意。これが、原因で病気になってしまうケースも多くあ...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
とにかく羽を伸ばす、のも大切なんだけど。
性別や年齢を問わず、私たちを悩ませるもののひとつ「薄毛」。遺伝的な要素ももちろんあるだろう。でも、それ以上に日常生活には、髪の毛へ大きな負担となっている習...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
あんまり、まじまじと見る機会が少ない「足の指」。爪を切るときや靴下を履くときには触れる部位ですが、「足の指の形」に注目する人は少ないのではないでしょうか。...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
私ははじめ、この絵を「キレイだな〜」ってなんとなく見ていた。でも、Iris Scottという女性が指で描いていると知って、思わず二度見。画面いっぱいに描か...
時々セレブが患っているとしてその名があがる、強迫性障害(OCD)。あなたはどれほど説明ができるだろうか?身近でこの疾患にかかっている人がいなければ、詳しい...
机に座ってうーんと頭を抱えたり、眉間にしわを寄せて思索にふけったり。「考える」というと、何か「お勉強」的なイメージがつきまとう。だが、それはもっと身近で、...
本当に優しいのかどうかは、あえて「していない」習慣から見てみよう。蚊帳の外の人を無視する、他人の時間を無駄にする、自分の意見を押し通す等は、本当の優しい人...
シドニーを拠点に活動するディスレクシア(失読症)支援団体「Sydlexia」。彼らは、二つの側面から失読症の人を助けるポスターをデザインしました。