シャリふわ。歯ざわり最高の「アイス」は炭酸水でつくる

お酒好きなら、使う氷の大切さにはもうお気づきのはず。自宅で飲む場合も、バーと同じように、お酒に合わせて氷も変えたいですよね。たとえば、ロックによく用いられるボール型の“ランプ・オブ・アイス”や、ロック〜水割りまで幅広く活躍してくれる直径4cm大の“クラックド・アイス”みたいに。

Food52」のAmanda Simsさんが注目したのは、モヒートやミント・ジュレップなどに使われる、やわらかいクラッシュタイプの氷。これ、意外と飲み物の中で長いことキープしてくれるんです。必要なのは、彼女の「ある裏技」だけ。

これであなたも立派なバーテンデビュー?

自家製ソフトクラッシュアイス

5925378791047168
Photo by Bobbi Lin

高校生の頃、私は地元のソニック・ドライブイン(主にアメリカ南部や中西部にあるファストフード店)によく足を運んでいました。理由は2つ。

①親友が働いていて、たむろするのに最適だった。
②彼らのソフトクラッシュタイプの氷にぞっこん。

ソニックを知る人なら、ドリンクに入っているあの氷を知っているはず。固いタイプではなく、雲のようにやわらかいソレです。

彼らが提供する氷は穴がいっぱい空いていて、噛むとやわらかく、爽快感たっぷり。ところが、2005年以前はテキサス州ノックスビルのどこを探しても、この氷は見つけられませんでした。

大人になってからというもの、大好きなミント・ジュレップにこのクラッシュアイスが使われているのをよく見かけるようになりました。

念のために断っておきますが、今回紹介するソフトクラッシュタイプの氷ではなく、普通のクラッシュタイプでも、もちろんジュレップはおいしい。ただ個人的には、断然ソフトクラッシュ派ですけどね。

さて早速、氷の種類から説明します(あくまでも私の見解ですが)。

5943135259590656
Photo by Erik Lombardo

ハードタイプ】

冷凍庫から出てくるのがこれ。特徴としては、透明でものすごく固い。使う器によって、形やサイズも自由自在に決められます。大きめの氷が使えるのは、なるべく溶けてほしくないとき(たとえばウィスキーのロックとか)。

 

【クラッシュタイプ】

ハードアイスを小粒に砕いたもの。氷の欠片に見えるものもあれば、小石サイズのものも。歯でも砕けますが、そもそものサイズが小さいので、すぐに溶けてしまいます。ジュレップではこれを使うのが一般的。製氷機にハードアイスを入れるか、ルイスバッグに入れるか、マドラーや木槌を使ってもつくれます。

 

スラッシータイプ】

フローズンマルガリータやケールスムージー、スラーピー(シャーベット状のソフトドリンク)に入っているのがこれ。ブレンダーに飲み物とたっぷりのハードアイスを入れて、なめらかになるまでかけてあげればスラッシーアイスのできあがり。

 

【ソフトタイプ】

穴がたくさん開いた、中サイズの氷。キューブ型ですが、歯でも砕けます。長いこと飲み物に浸けていると、やわらかくなります。満足度がもっとも高い氷。

さて、ソフトタイプの氷を家でつくろうとネットで調べたところ、見当たるのは「ソニックに行きなさい」なんてアドバイスばかり(じつはあまりの人気っぷりに、彼らの特別な製氷機で削った氷は袋売りもしているんですよ)。

ほかには製氷機をおすすめしてくる投稿もありましたが、もっとも役に立ったのはMetaFilterのスレッドに書かれた投稿でした。

氷に気泡をつくってくれる炭酸水でつくるのがオススメ。空気が入るので、やわらかくなりますよ。

結論からいうと、このアイデアかなり使えます!
というわけで、さっそくご紹介しましょう。

5432610482290688

作り方

【1】水に炭酸ガスを入れる
市販の炭酸水でもOK。泡は大きければ大きいほうが◎。

【2】凍らせる
ソフトクラッシュタイプをつくるときには、1.5〜2cmほどの中サイズの氷を使うのが理想的(簡単に口に入るサイズだし、すぐに溶けないので飲み干す頃にはちょうどいいやわらかさに)。けれど、最初のひと口用に若干小さめの氷もつくっておくとベター。

好みの大きさにもよるけれど、通常のトレイに炭酸水を半分くらい注ぐ。数時間でできあがるものの、たとえ水曜日から冷凍庫で凍らせても、土曜日でもまだやわらか。トレイから取り出すと、曇った仕上がりになっているはず。

【3】砕く
布巾を使えば、簡易的なルイスバッグがつくれるので、その中にやわらかくなった氷を入れて、槌で砕くのもあり(私は重ためのグラスとマドラーを使用)。鳴り響くようにコツンと一回割り、砕きすぎないように注意。もちろん小粒のものを足してもOK。あとは好きなだけ氷を飲み物に入れて、楽しんで。

4753828213686272

大きめの粒を使うのもOK。そうすればすぐに溶けちゃうこともありませんしね(上記のとおりつくった大きめの粒は、私が水を飲み干すまで溶けませんでした。何がいいって、どんどんやわらかくなってくれるところ)。

氷を歯で砕くのがあんまり好きじゃない人でも、このソフトタイプの氷なら楽しめるはず。同僚にこの氷を提供してみたところ、普段“氷を噛まない派”の彼女がさっそく噛み砕いていました。

「これなら噛んでも口の中が裂けることはなさそう」とのこと。また、氷は雪みたいで「質感としてはガラスというより、小石のよう」とコメントをくれました。

スノーコーンのように氷を山積みにして、その上からカクテルを注いでもおいしそう、と幸せそうに話してくれましたよ。

ホームパーティを主催するときや、ジュレップをつくるときには、ぜひこのソフトクラッシュタイプの氷にトライしてみてください。あの名店「ソニック」について知らなくても楽しめる氷ができあがるはずだから。

Written byAmanda Sims
Licensed material used with permission by Food52
連日の猛暑にカラダばかりか、心までぐったりしている人に向けて、一瞬でも暑さを忘れさせてくれる、オシャレなフレーバーアイスキューブのご紹介!用意するものは製...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
暑い日に欲しくなるのがアイス。でもどんなに日差しが強くても、どんなに体を冷やしたくても、絶対に食べたくないアイスがあるんです。台湾の大学生グループ「100...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
春から初夏にかけて、夏ほどじゃなくても、少し動けばじんわりと汗をかく。家事中とか、通勤中とか、買い物中とか。少しだけ、少しだけでいいから、クールダウンしたい。
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
どんなに寒い冬の日でも、コーヒーは必ずアイスで。そんなアイスコーヒー愛飲家の人にとっておきのアイテムを紹介。これなら、普通に淹れた熱々のコーヒーを、ほんの...
家飲みで余ってしまったシャンパンやスパークリングワイン、どうしていますか?「炭酸が抜けたらおいしくないから捨てちゃってるよ」なんて人がいたら、「PureW...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
宅飲み、家飲み派の人がとても増えているみたいですね。確かに、終電の時間や酔い具合を気にせず楽しめるし、気心の知れた人とまったり過ごす時間は、特別なもの。そ...
真冬の北海道にたった1ヶ月間だけ姿を現わす、“幻の教会”があることを知っていますか?氷だけで作りあげた夢想空間、それが「氷の教会」です。永遠の愛を誓い合う...