「防災をライフスタイルに。」グッドデザイン賞受賞の消火器

消火器といえば、日本全国どこでもツヤのある赤が基本。だが、2019年度のグッドデザイン賞を受賞した「+住宅用消火器」は、常識を打ち破るマットなモノトーンカラー。

©モリタHD

創業129年の防災メーカー「モリタ宮田工業株式会社」は、「防災をライフスタイルに。」をコンセプトに、住まいと調和する消火器の新たなデザインを考案した。

どちらかといえば隠されがちな防災グッズを、日頃から目の届く場所に置くことで、もしものときにも素早く対応したり、普段から防災への意識を高めることを目的に作られたもの。

ストーブ火災や天ぷら油火災など、家庭で起こりうる火災を想定し、液体の消火薬剤を使用。そのため一般的な粉末消火器のように粉が飛散せず、周囲を汚すこともない。

©モリタHD
©モリタHD
©モリタHD

防災をデザインする──。

違和感なく見えるところにそのまま置けるだけでなく、絵を描いたり、ステッカーを貼ったり、インテリアに合わせて自分なりのカスタマイズも楽しめる。従来の消防用設備としてではなく、能動的に防災と向き合うためのデザイン。そんなところも、グッドデザイン特別賞(グッドフォーカス賞「防災・復興デザイン」)受賞の要因ではないだろうか。

価格は1本1万円(税抜)。「蔦屋家電」ほか、「+maffs」ブランドサイトでも購入可能。家庭への設置義務はないものの「これだったら」という気持ちにもなるアイテムだ。

真っ赤で目立つことはたしかに重要。だが、その存在ゆえ目の届かない場所へと追いやられてきた消火器。空間との調和という概念を「色を変える」というミニマルなアップデートでデザインに落とし込んだ「+住宅用消火器」。

ちょっとした発想の転換で、同じように変革されうるアイテムがほかにもある気がしてならない。家族と過ごすこの時期にあらためて防災について考えてみてはいかがだろう。

©モリタHD

購入日と使用期限を記すメモリータグ。防災意識を自然と高めてくれる。

Top image: © モリタHD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
「Firevase」と名付けられたこの花瓶。実は、簡易消火具にもなるんです。使い方は簡単で、火元にこの花瓶を投げつけるだけ。いつも身近に置いておけるから、...
自然災害は、いつやってくるかわかりません。「もしも」を想定すると、防災バッグは玄関に置いておくのが理想ですよね。でも、あまり格好良くないものは押し入れにし...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
『Tilt Five』はホーログラムを使った新しいタイプのゲーム機で、特殊なARメガネを着用すると専用のゲームボードに“3Dの世界”が浮き上がるという新し...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
目の前で火災が発生──。これまでにそんなシチュエーションに遭遇したことはありませんが、燃え盛る炎を前にして、冷静に消火器で対処することのハードルは思いのほ...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
2015年11月6日に投稿された@pallmalldさんのツイートが話題になっています。自室の窓から火災を発見。とっさの判断でマンションにあった消火器を使...
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
アートユニット「MOTASWORKS」の個展「BOOTEMPORARY」が「JOURNAL STANDARD FURNITURE 神南店」で開催中。額装さ...
アウトドアギアとしてはもちろん、高光度&長寿命という特徴から防災グッズとしても注目を浴びるLEDグッズ。「ベアボーン・リビング」「Mori Mori」「S...
食卓には欠かすことの出来ない器の存在。ひと口に器といっても、手触りも、重みも、質感も、色味も、ほんとうにいろいろとあって、どれを買ったらよいのか迷います。...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
デザイン大国デンマークのアーティストにより生まれ変わる日本の信楽焼。陶芸家ラース・ランクの「グリーンモス」シリーズが、逆輸入されて日本展開をスタートします。
「大きな災害がきた時のために備えましょう」。この言葉が心からピンとくる人は、どれくらいいるでしょうか。備災を自分ごととして捉えやすくなるアイテムに、美味し...
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
東京・町田の「武相庵Cafe&Hostel」で味わえる「本気のクリームソーダ」は、一流のバーテンダーならではのセンスと技術が詰まった夢のような一杯。
旧約聖書にも登場した角笛のようなカタチ。これに意味があるんです。
2017年のグッドデザイン賞を受賞しているので、知っている人も多いかも。〈DUENDE(デュエンデ)〉の「BENT STOOL(ベント スツール)」です。
このUSB充電器は安くて便利だから買ったわけじゃなくて、蛍光イエローの色が気に入って購入。
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
デザイン大国デンマークで生まれ変わる信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「Dots」シリーズは、単純な柄だけど、日本の焼き物を愛らしく変身...
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。