みんな、MySpaceって覚えてる? で、その後どうなったか知ってる?

みなさん、「MySpace(マイスペース)」って覚えてますか?  ネットで音楽聴くならコレ!っていうくらい、一時はデファクトスタンダードといえるような存在だったし、無名の新人からマドンナなど大御所アーティストまでがこぞって楽曲をアップするので、夜な夜な青いロゴの画面に向かってディグっていた人も多いのでは? 好きなミュージシャンとMySpaceを介して“フレンド”になれるのはーーまだTwitter、FacebookといったSNSの勃興前夜だったのでーー新鮮でうれしい感覚でしたよね。

そんなMySpaceを作ったのが、共同創業者のトム・アンダーソン。そう、あの最初にフレンドになったトムです!(下のプロフィール写真に見覚えのある方も多いのでは?)

トムは2005年にMySpaceを巨大メディア企業・ニューズ・コーポレーションに約600億円(!)で売却。巨万の富を手にした彼は、その後また違ったアウトプットで世界を魅了しているのです。まずご覧いただきたいのが、こちら。

MySpace売却後のトムが
やっていること

そう、トムさんは今「旅する写真家」として世界各地の絶景をフィルムに(厳密にいえばSDカードに?)収めては、インスタグラムにアップし続けているのです。 

2011年にビジネスの世界から身を引いた後、トムさんは純粋なたのしみとして自宅をDIYで作っていたそう。そんなある日、友人の影響でカメラを手にした彼は、まるで天啓のようにすっかり写真の魅力に取り憑かれてしまったんだとか。香港、ミャンマー、アイスランド、ハワイなど、Nikonのカメラ片手に世界中を探索する旅を今も続けているのです。

2017年5月現在、実に750点を超える写真が投稿していて、いずれも世界中からたくさんのいいね!やコメントが寄せられています。

悠々自適の生活、
どうすれば実現できる…?

億万長者になって、その後は自由気ままにやりたいことをやって生きるーー。ねぇ、トム、誰もが憧れるそんな生き方、どうやれば手に入るの?「THE REDBULLETIN」のインタビューではこう語っていました。

「みんなそうやって聞いてくるんだけど、正直言って僕は何も変わってないんだよ。無一文だったときからハッピーだったし、将来的な見通しが何もないときでも、心の中には喜びのようなものがあったから。そして、きっと誰もが同じような気持ちを持っていると思う。もし信じられないなら、ヴィクトール・フランクル(偉大なるウィーンの作家)の『夜と霧』を読んでみてよ。彼はナチスの強制収容所でさえハッピーになれる何かを見出したのだから。そんな心持ちでやりたいことに集中すれば、きっと君の人生は成功するはずだよ」

トムは日本にも足を伸ばしていて、京都の風景を鮮やかに切り取っています。例えば、こんな具合に。 

実は親日家のトムさん、
日本のどんなところが好き?

「本当に日本が大好きだから、いつか住んでみたい!1年とかじゃなくて、数年かけてじっくりと」と語るトムさん。2013年に来日して以来、この島国に尽きない興味を抱いてるそうです。

「日本の人々はとても歓迎的で礼儀正しいし、その文化にも興味津々だよ。日本語をしゃべれるようになりたいし、日本の人々についてもっと知りたいと思ってる。見事な建造物と伝統のある、本当に美しい国だよね」

さぁ、あなたも“インスタグラム”で活躍するトムさんをフォローして、旅先から届けられる絶景の数々を堪能してみてください。

Licensed material used with permission by Tom Anderson, (Instagram), (Facebook)
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
なんかわかんないけど、みんなが励ましてくれているような気がしそう……じゃない?
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
勇気っていう言葉は、なにかを始めたり、どこかへ飛び込んだり、そんなときに頭に浮かんでくるものだけれど、じつは、「自分以外のなにかを信じるとき」にこそ欲しいもの。
世界中のウェス・アンダーソンのファンが偶然出会った、映画のような実在の風景がたくさん集められているinstagramアカウント「accidentallyw...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
自分の周囲で旅慣れた人が何人かいますが、ことシェーバーに関してはみんながコレを持ってる、〈BRAUN(ブラウン)〉の「M60B」です。
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
コーヒー、紅茶、緑茶を“ショットグラス”で楽しむ。 世界初のオーガニックカフェインチャージバーcaffeineholic〒103-0002 東京都中央区日...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
生きてるうちに何度も訪れる、選択。「自分がどうしたいのか?」「進むべき道はどちらなのか?」。今まさに立ち止まって行動ができずにいる人、足踏みをしている人に...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...