夢の職業につき、世界最高の「オフィス」で働くパイロットの景色

初めて飛行機に乗ったとき、どうしても窓際の席に座りたかったことを思い出しました。それほどまでに、空からの景色は非日常的で美しいもの。でも一番の特等席は、普通の人には座ることができない“あの場所”かもしれません。

オランダのパイロット、クリスチャン・バン・ヘイストさんが公開しているのは、ボーイング747のコックピットから撮影した、絶景の数々

「仕事をしながら
最高の景色が楽しめる」

ヘイストさんは子どもの頃から空に魅了され、大人になったらパイロットになりたいと思っていたそうです。33歳になった今、彼はヨーロッパの上空をジャンボジェットで飛び回り、そこからしか見られない景色を私たちに見せてくれているのです。

太平洋上の赤い炎

2014年8月24日の夜、ヘイストさんは香港からアンカレッジへ飛んでいました。ちょうどその時、サンフランシスコとチリを同時に大きな地震が襲いました。

そして太平洋でも、海中で火山活動が起こっていて、その写真を撮影することに成功したのです。

この写真が世界中のWEBサイトや新聞で紹介され、大きな注目を集めることに。

パイロットのみに
与えられた特権

「僕は、幼い頃から自然が作る光の美しさに惹かれていたんだ。だからコックピットからの景色を見たときは、とても興奮したよ。この美しい地球を写真に残すことができることは、とても嬉しく思っている。仕事として空を飛ぶことは、僕らパイロットに与えられた特権とも言えるかもしれないね」

Licensed material used with permission by Christiaan van Heijst, (Google+)

関連する記事

一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
この写真がどうしてそんなに「興味深いのか?」というと。
オーストラリア人の高校生、Jade Eslerさんは、3年前にカップケーキ専門のビジネスを開始しました。すべてはパイロットになる夢を叶えるため。16歳にな...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
ヨーロッパでポピュラーなLCCのひとつ、ライアンエアーには、世界中から注目されているパイロットがいます。彼女の名は、マリア・ペターソン。Instagram...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
7月31日にTwitterに投稿された一枚の写真。エア・インディアで38年間、キャビンアテンダントとして働き続けたPooja Chinchankarさんの...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
世界にはさまざまなカップルがいますが、Eser Aksan ErdoganさんとVolkanさんはパイロットとして働く夫婦。ふたりとも別々に世界各国を飛び...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
「パイロットにしか見られない景色がある」とはよく聞く話ですが、この雲もその最たる例。オーストラリアのパースからアデレードに向かう途中で上空から撮影されたこ...
「使わなくなった飛行機を、無意味に廃棄するのはもったいない。もっと使い方があるはずだ。たとえば、家にするとかね…」そう話すのは、米オレゴン州ヒルズボロの山...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「警視庁警備部災害対策課」が2018年10月に公開した「マスクでメガネが曇らない方法」が、今、海外で話題となっている。
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。
Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばか...