夢の職業につき、世界最高の「オフィス」で働くパイロットの景色

初めて飛行機に乗ったとき、どうしても窓際の席に座りたかったことを思い出しました。それほどまでに、空からの景色は非日常的で美しいもの。でも一番の特等席は、普通の人には座ることができない“あの場所”かもしれません。

オランダのパイロット、クリスチャン・バン・ヘイストさんが公開しているのは、ボーイング747のコックピットから撮影した、絶景の数々

「仕事をしながら
最高の景色が楽しめる」

C38630da79d568e0983b50c84ff2b856b6060ffdDcccb9a38ce86c07f1e3d7c7af3fe7934c32439336fc028198fbf4ea9418c796c94f43394de904926ea88ed2782d03cfe59cac5e5e443c0584c9e423

ヘイストさんは子どもの頃から空に魅了され、大人になったらパイロットになりたいと思っていたそうです。33歳になった今、彼はヨーロッパの上空をジャンボジェットで飛び回り、そこからしか見られない景色を私たちに見せてくれているのです。

太平洋上の赤い炎

2014年8月24日の夜、ヘイストさんは香港からアンカレッジへ飛んでいました。ちょうどその時、サンフランシスコとチリを同時に大きな地震が襲いました。

そして太平洋でも、海中で火山活動が起こっていて、その写真を撮影することに成功したのです。

Fb04316999b4907cafed1dc9b0ec42e747495b43

この写真が世界中のウェブサイトや新聞で紹介され、大きな注目を集めることに。

パイロットのみに
与えられた特権

38a7f9a827073c71f4cabe8101e4c9d7a8b44c91C1c84767e92dbad0b1d31fbbc37ec0686e3b5476Db2cb4396feebda3ebc9c3f453cdc16f9f8d62b6

「僕は、幼い頃から自然が作る光の美しさに惹かれていたんだ。だからコックピットからの景色を見たときは、とても興奮したよ。この美しい地球を写真に残すことができることは、とても嬉しく思っている。仕事として空を飛ぶことは、僕らパイロットに与えられた特権とも言えるかもしれないね」

Fe913b26b2b8861786bcf1753655911be05cbe1175cb73b47522ace17745de65a0bcf3d0a155c0bc2bf2ffe87e97387239e3b605190b817df1bae07f1e73603715a39fdc285cb2f9a71fdf5a8932596d
Licensed material used with permission by Christiaan van Heijst, (Google+)
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
この写真がどうしてそんなに「興味深いのか?」というと。
オーストラリア人の高校生、Jade Eslerさんは、3年前にカップケーキ専門のビジネスを開始しました。すべてはパイロットになる夢を叶えるため。16歳にな...
ヨーロッパでポピュラーなLCCのひとつ、ライアンエアーには、世界中から注目されているパイロットがいます。彼女の名は、マリア・ペターソン。Instagram...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
世界にはさまざまなカップルがいますが、Eser Aksan ErdoganさんとVolkanさんはパイロットとして働く夫婦。ふたりとも別々に世界各国を飛び...
小さい頃の「将来の夢」は、何でしたか?お花屋さん、パイロット、ケーキ屋さん、スポーツ選手…。現在の仕事とはまったく違う人も、多いのではないでしょうか。イン...
「使わなくなった飛行機を、無意味に廃棄するのはもったいない。もっと使い方があるはずだ。たとえば、家にするとかね…」そう話すのは、米オレゴン州ヒルズボロの山...
「パイロットにしか見られない景色がある」とはよく聞く話ですが、この雲もその最たる例。オーストラリアのパースからアデレードに向かう途中で上空から撮影されたこ...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
目覚めた時から、曖昧な記憶になるのが夢というもの。Patty Maherは現実と夢の狭間を写真で表現しています。彼女の作品は、どれも眠りの世界へ誘われるよ...
「緑豊かな大地」は、その国旗からも伝わってくるバングラデシュ(日の丸の白い部分を緑にした国旗をイメージして欲しい)。そんな南アジアの美しい国で、上空からの...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...