さよなら渋滞。東京から電車やバスでも行ける「群馬の紅葉スポット」6選

気持ちがいい大自然や色づいた山々は最高を見てリフレッシュするつもりが、行き帰りの渋滞のストレスで、逆に疲れが溜まってしまうなんてことも…。

でもここで紹介するのは、電車やバスでも行ける「群馬の紅葉スポット」。

実は、東京駅から群馬県の主要都市の「高崎駅」までは新幹線で約1時間予算も5,000円あればお釣りがくるくらいの安さなのです。

01.
東洋のナイアガラ
「吹割の滝」

「群馬の紅葉スポット」吹割の滝

ダイナミックな名瀑で、「東洋のナイアガラ」とも言われています。遊歩道が整備されているので、水流、轟音を間近で体感できるのが醍醐味。冒険感が味わえ、いつもと違う紅葉散策が楽しめるかも。

■見頃:10月下旬~11月上旬
■住所:群馬県沼田市利根町大字追貝
■アクセス:東京駅から乗車時間約1時間40分、「JR上越線沼田」駅下車、バスで約40分

02.
伊香保随一のスポット
「河鹿橋紅葉」

「群馬の紅葉スポット」河鹿橋紅葉

紅葉シーズンはライトアップされ、幻想的な雰囲気が楽しめます。遠くから橋と木々を愛でるのもいいし、橋を通りながら紅葉に囲まれるのもいい。場所によってさまざまな表情を楽しむことができるので、フォトスポットとしても人気です。

■見頃:11月上旬
■住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保
■アクセス:東京駅から乗車時間約1時間15分、「JR上越線渋川」駅下車、バスで約25分、徒歩約15分

03.
圧倒的な存在感
「碓氷第三橋梁めがね橋」

「群馬の紅葉スポット」「碓氷第三橋梁めがね橋」

高さ31m、長さ91mで、国内最大のレンガ造の四連アーチ橋。下から見上げれば、重厚感あふれるレンガづくりの橋が楽しめ、上に登れば山々の紅葉を間近に眺めることができます。一番見応えのある場所を探してみては?

■見頃:11月上旬〜中旬
■住所:群馬県安中市松井田町坂本 地内
■アクセス:東京駅から乗車時間約1時間30分、「JR信越本線横川」駅下車、タクシー約10分

04.
マイナスイオンを存分に
「四万湖カヌー」

「群馬の紅葉スポット」「「四万湖カヌー」

コバルトブルーの湖面を滑るようにカヌーで進むと、湖面に映り込む「逆さ紅葉」が広がります。四万湖でカヌーに乗り、マイナスイオンを感じながら贅沢な時間を。

■見頃:11月上旬〜11月中旬
■住所:群馬県吾妻郡中之条町
■アクセス:東京駅から乗車時間約2時間、「JR吾妻線中之条」駅下車、バスで約15分

05.
庭園でのんびり紅葉を愛でる
「吉祥寺」

「群馬の紅葉スポット」吉祥寺

人気の紅葉スポットもいいけれど、時にはお寺の庭園でのんびり紅葉を眺めてみてはいかがでしょう。ここは臨済宗の禅寺で、静けさが漂う空間。池に映り込む紅葉は見事のひとことです。心を鎮め、都市での疲れを癒してみては?

■見頃:10月下旬〜11月中旬
■住所:群馬県利根郡川場村門前860
■アクセス:東京駅から乗車時間約1時間40分、「JR上越線沼田」駅下車、バスで約30分

06.
車窓からの“渓谷美”は必見
「高津戸峡」

「群馬の紅葉スポット」高津戸峡

ここへの交通手段は、ぜひ「わたらせ渓谷鐵道」を。車窓から見える渓谷の紅葉は必見です。見逃さないように気をつけましょう。

■見頃:11月上旬〜下旬
■住所:わたらせ渓谷鐵道大間々駅周辺
■アクセス:東京駅から乗車時間2時間、「わたらせ渓谷鐵道大間々」駅下車、徒歩約5分

 

公共交通機関を使った、渋滞にハマらない「群馬紅葉トリップ」。乗り換えの待ち時間のチェックだけは忘れずに。

写真提供:ググっとぐんま観光宣伝推進協議会

関連する記事

食欲の秋、読書の秋、という言葉がありますが、秋の代名詞といえば「紅葉」。そんな秋がもうすぐでやってくるということで、一足先に「日本の素敵な紅葉スポット」を...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
秋田県内にある人気の紅葉スポットを紹介。十和田湖、田沢湖、出羽富士とも言われる鳥海山など、雄大な自然の中にある紅葉スポットが満載。さらに乳頭温泉郷にある紅...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
「Teva」がインスタントカメラブランド「Polaroid」と初のコラボ。今月6日(木)からTeva公式オンラインストアで2つのモデルを発売している。
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川上流にあるユーシン渓谷で、美しい紅葉とエメラルドグリーンに輝く水のコラボレーションが、なんと神奈川県で楽しめます!
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
605年に聖徳太子が創建したとされる、滋賀県の「教林坊」。この隠れ里では、紅葉の時期になると、敷地内のもみじの大木が一斉に真っ赤に染まる。11月1日からは...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...