四万湖カヌー

スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
カヌーやカヤックといった水辺のレジャーツールには、サイズや保管場所の問題が常にありました。でも、フォールディングタイプの登場で、こうした問題が徐々に解消。...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
島に引き続き、闇スポット第2弾。今回は危険な「湖」をまとめました。全部足を運ぶことはできるけれど、命に関わるので近づかないで、エンタメに楽しんで見てくださ...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23「この感動は、言葉にできない」ウユニ塩湖:町から車で一時間...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
いわゆる「絶景本」などの影響もあり、近年、一気に知名度を上げた「ウユニ塩湖」。でも、どれだけ情報が溢れようと、こんな「空撮映像」はなかなかお目にかかれない...
この映像は、2016年2月13日にミネソタ州スペリオル湖で撮影されたもの。凍っているのは湖の表面だけ。とても薄い層だったために、波に揺られながら岸へと打ち...
ウユニ塩湖の美しい景観を守りたい!「死ぬまでに行きたい絶景地」として有名で、いつか必ず訪れたいと夢見る日本人も多いであろう南米ボリビア・ウユニ塩湖。ここで...
北海道網走管内斜里郡清里町にある小さな池、「神の子池」。「神の湖」と呼ばれる摩周湖の伏流水からできていると言われ、その名が表す通り、幻想的なブルーはまさに...
仕事を辞め、日本を飛び出した映像作家とヨガ・インストラクターの夫婦。彼らの世界一周の旅は『旅する鈴木』のタイトルで、動画とともにほぼ毎日発信中! なかでも...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
太陽の光に反射して、湖面が空と“うつし鏡”となる場面を、わざわざ湖に持ち込んだ等身大の鏡を用いて撮影し続ける、地元出身のフォトグラファーMurray Fr...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...